管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

これがあると安心!冬生まれの赤ちゃんの出産準備

      2016/04/05

これがあると安心!冬生まれの赤ちゃんの出産準備

赤ちゃんが生まれるのを心待ちにしているママさん♪大切な赤ちゃんを迎え入れる準備進んでますか?
今回は寒い季節に生まれる赤ちゃんの為の出産準備についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


冬の出産準備の前に・・・

準備の前に、冬出産のために気を付けておくことを紹介します。
まずはママの体調管理をしっかりしておくことが一番大事です。
出産を間近に風邪などをひくと大変!
しかも冬には、インフルエンザやノロウイルスなど、たくさんの病気が流行ります。
うがい手洗いをいつも以上に徹底し、外出する際は必ずマスクをしましょう!
次に、冬生まれの赤ちゃんの育児についての注意点です。
赤ちゃんは生まれてから生後半年頃までの間、ママからもらった免疫で守られていると言われます。
ですが、全く病気にかからないというわけではないんですΣ(・口・)
できる限り人混みは避けてあげるようにしましょう。
また、生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節の機能が未熟なので、
ママがしっかり寒さ対策をしてあげましょう。

引用元-−-Baby×Baby Life

冬の出産準備はいつごろから始める?

出産準備はいつからすると良いのでしょうか?
「適切な時期」と言うのはありませんが、一般的には体調の良い、
安定期で落ち着いている間に見に行くと良いと言われています。
出産が近くなるとお腹が大きくなってお出かけがしんどくなることもあり
(実際、私は臨月では腰痛がひどく歩き回れませんでした(汗))、
後回しにしていると慌てることもあるので、そこは注意しましょう。

ですが、先輩ママ経験談からも、急ぐ必要はないと思います。
今はネット通販もあり発送もすぐ。それに、必要最低限揃えて、産後に買いに行く人の方は結構多いです。
前もって揃えておいが方が慌てないけれど、直前や産後でも買いに行ける物はゆっくり用意しても大丈夫です。

引用元-−-いちみのまとメモ

冬の出産で最低限準備するものは?

肌着
一番必要なのは赤ちゃんの肌着です。冬生まれの赤ちゃんは寒い日が多いため、
家の中で過ごすことが多くなると思います。そのため、薄手のものを重ねてあげると良いですよ。

ツーウェイオール
こちらも必要ですね。枚数は2-3枚あれば十分です。
肌着より大きめのサイズにすると長い期間着せてあげることができます!

ベスト・カーディガン
寒い季節には必須アイテムです。でも1枚あれば十分ですね。胴部分を温めると結構体も温まりませんか?

ソックス
防寒用に1足あればよいですね。赤ちゃんは足の裏で体温調節するので、
外出時に足が冷たければ履かせてあげるといいですよ。

防寒用衣類
冬生まれの赤ちゃんには必需品ですね。
着ぐるみのように顔以外覆われたものなどを着せてあげると寒い日のお出掛けでも安心ですね。

おくるみ
おくるみは寝かしつけにも使えますので、冬生まれの赤ちゃんには厚手のおくるみのほうが
そのまま寝ても寒くなくっていいですよね。

引用元-−-風見鶏

冬生まれならではの出産準備品

レッグウォーマー
レッグウォーマーは体温調節に便利です。
おしゃれなデザインのものも多いので、ベビーファッションのポイントにもなりますよ。

あたたかい帽子
冬の外出に帽子はぜひ準備したいアイテムです。大人とは違い、ほとんどの新生児は頭髪が薄いので、
頭の防寒と保護のために帽子を被せてあげましょう。

引用元-−-こそだてハック

おしりふき保温器
冷たいおしりふきシートを電気で温める便利グッズです。
適温に温められるので、シートの冷たさに赤ちゃんがびっくりして泣いてしまう、ということも防げます。
温かいシートだとうんちも取りやすいという利点も。
しかし、おしりふきシートが乾いてしまうという声や、
電源が入れっぱなしになるので電気代がかさんでしまうという声もあります。

加湿器
冬は乾燥しやすいので、加湿器があると助かりますよね。
特に赤ちゃんの肌はデリケートで乾燥しやすいので、肌を保湿するためにおすすめです。
もちろん風邪の予防にもいいですよ。まだ持っていないという人も、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

引用元-−-こそだてハック

冬の出産、ママにとってあると便利なグッズとは?

人それぞれ愛用のグッズがあるとは思いますが、
特に陣痛・出産時に役立つのが貼るタイプのホッカイロと滑り止め付のモコモコ靴下です。

腰にホッカイロを貼ると陣痛がスムーズになる気がする?という声も多く聞かれますし、
腰を温めると痛みが緩和される人が多いようです。

また、モコモコ靴下も足先を温めるには必需品ですが、そのままスリッパを履いたりすることも考え、
滑り止め付がベターでしょう。さらに5本指靴下と重ね履きするとさらに効果は高まるようです。

次に冬に欠かせないものといえば加湿グッズです。

加湿器を持込むのがもちろん良いのですが、コンセントが使えなかったり、
使えたとしてもコンセントの数が十分でないと携帯電話やカメラの充電に使ってしまって
加湿器を使えなかったりすることが考えられますので、電気を使わないタイプの加湿器を準備しましょう。

さらに、冬に出産した先輩ママ達の声で意外に多いのが、陣痛から出産まで、
唇の乾燥が気になってお産に集中出来なかったというものです。

冬はもちろん乾燥していますが、お産の際には口呼吸をすることが多いため、
唇の乾燥がいつもに増してひどくなるようです。その対策としてリップクリームを準備すると良いでしょう。

引用元-−-女性の美学

twitterの反応

 - 出産準備, 妊娠・出産

ページ
上部へ