管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

口内炎はビタミン不足!果物で予防と改善をしよう!

      2016/04/05

口内炎はビタミン不足!果物で予防と改善をしよう!

口内炎ができる原因としてビタミン不足があげられます。ビタミンを補うには果物を習慣的に摂取することがお勧めとされています。
では口内炎を予防・改善するために、一体ビタミンや果物はどのように関係しているのでしょうか?有効的に摂取できるよう詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


口内炎とビタミンの関係

口内炎は、唇の内側や舌、歯ぐきなどに水疱ができたり、赤くはれたりする症状です。傷は小さいのですが、どちらも痛くて、食事をするのもつらくなります。
口の中の病気は、体調のよしあしが、微妙に反映してくるため、過労や精神的ストレス、ビタミン不足などがあると、かかりやすくなります。また、ウィルスの感染や、口の中の不潔、歯槽膿漏なども関連してきます。

引用元-−-456SHOPPING STREET

口内炎になってしまったら、ビタミン補給がイチバンです。なかでも効果的なのは、ビタミンA、B群、Cです。とくに、できはじめの頃は、炎症を抑えて粘膜を守る働きのあるビタミンB2をとるようにしましょう。一方、炎症がひどくなって痛むときは、傷を治す作用のあるビタミンCが重要。また、口角炎・口内炎を繰り返さないためには、抵抗力をつけるのに役立つビタミンAを含む食品を積極的にとるよう心がけましょう。

引用元-−-456SHOPPING STREET

ビタミンB2は水に溶ける性質があるため、体内に蓄積することができません。そのため、毎日とる必要があり、不足するとまず口角炎・口内炎として症状が出てくるのです。

引用元-−-456SHOPPING STREET

口内炎のビタミン摂取は果物で!

アフタ性口内炎と言えば、真っ先に頭に浮かぶのが「ビタミン不足」です。

そして、一般的にやはり、ビタミン=果物というイメージが強いでしょう。

以前に聞いた話ですが、管理人の友達が母親から言われたといって、みかんの汁がアフタ性口内炎にあえてかかるようにし、痛みにたえながら果肉を食べていました。

「患部に強烈な刺激を与えるその食べ方はどうなのだろうか?」

とは思いましたが、アフタ性口内炎の時に「ビタミン」を摂るのは良いことです。

アフタ性口内炎は、主に「ビタミンB2」が不足すると発症すると言われています。

ところが、実際のところは、果物で「ビタミンB2」を含むものは少なく、果物といえばやはり「ビタミンC」を多く含むものなのです。

しかし、その反面、ビタミンCにも口の中の炎症や傷を治りやすくしたり、身体全体の免疫力を向上させる力があります。

ですから、アフタ性口内炎にとっても、みかんやレモンなどの果物を摂ることは、良いことだと言えるでしょう。

引用元-−-アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)の治し方 原因と予防法

口内炎に有効なビタミンを含む果物

ここでは口内炎に有効なビタミンなどが含まれる果物をご紹介します。
1 バナナ
 バナナにはビタミンB6が多く含まれています。
 ビタミンB6はB2と一緒で、皮膚や粘膜を修復する作用や、疲労回復効果を持っています。
 ビタミンB6自体は体内で生成することもできる栄養素なのですが、お酒の好きな方や妊婦さんは不足することもあるようです。
2 柑橘系の果物やイチゴ、柿、キウイフルーツ
 柑橘系の果物などにはビタミンCがたくさん含まれています。
 ビタミンCはストレスへの抵抗力を高めたり、炎症を癒す効果などがあります。
 生で食べることで十分に摂取することができますので、食後にデザートにするのもいいですね。
 むしろ、加熱してしまうと、ビタミンCが壊れてしまい、効果が薄くなってしまう恐れもあります。
 ただし、柑橘系などは口内炎にしみやすい食べ物でもありますので、痛みや状態を確認しながら無理をせずに召し上がることをお勧めいたします。

引用元-−-すぐに治したい!辛い口内炎への対処方法

口内炎にならない為のビタミン摂取量

まず、ビタミンには油に溶けやすいビタミンのビタミンA、D、E、K、そして水に溶けやすいビタミンのビタミンB群(B1、B2、B6、B12)、C、葉酸、ナイアシン、ビオチン、パンテトン酸の2グループ13種類があります。

ビタミンは厚生労働省により所要量が決定されているものと、決定されていないものがあります。決定されているビタミンはその値が適正摂取量となり、成人の場合一日当たりの適正値は次のとおりです。

種類 適正摂取量

ビタミンB1 0.7〜1.0mg

ビタミンB2 1.0〜1.1mg

ナイアシン 12〜17mg

ビタミンC 50mg

ビタミンA 1800〜2000IU

ビタミンD 100IU

ビタミンE 7〜8mg

ビタミンを効率的に取るためには、まず、一日当たりの摂取量を押さえておくことが大切です。表に示したビタミンの一日当たりの所要量は、欠乏症を防ぐ最低ラインに2割ほど上乗せした数値です。基本的にバランスの良い食事をしていれば、深刻なビタミン欠乏症になる事はまれです。ビタミンのサプリメントはあくまでも補助的に使うようにしましょう。

日本人に不足しやすいビタミンはA、B1、B2、C、D、ナイアシンといわれています。このうち口内炎と関係が深いといわれているのは、ビタミンA、B群、Cです。

引用元-−-どくらぼ

口内炎に果物がしみる時のビタミン摂取法

口内炎ができてしまうと果物を食べて果汁が口の中に広がると激痛が走るものです。

これは誰もがひやっとするもので、誰でもみんな一度や二度経験があるはずです。

本来疲れやビタミン不足がたたって口内炎ができてしまうのに、それを解消しようとビタミンたっぷりの果物を接種しようとすると逆効果で痛い思いをしてしまうことになります。

それではせっかく食べてもストレスを感じてしまうというものです。

少しの間は我慢をしてこういう時こそビタミン剤に少し頼ってしまうのも手かもしれませんね。
無理は禁物です!

チョコラBBなどは肌荒れに効果があるビタミン剤でもありますが、口内炎ができてしまった時にも効果は絶大です。

妊産婦や授乳中の人でも安心して摂取できる商品でもあるので積極的に摂取したいものです。

治るまで数日きちんと適量を服用しているとある日痛みもなく治ってしまっているものだと思います。

きちんと栄養を補助して少しでも痛む期間を短くして元通りの元気な状態で暮らしたいものですね。

引用元-−-口内炎を治すには

twitterの反応


 - 医療・病気, 病気・症状

ページ
上部へ