管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

2人目出産の準備って1人目の時と違う?

      2016/04/05

2人目出産の準備って1人目の時と違う?

2人目の出産は1人目出産の時に色々経験していることもあり少し余裕がありますよね。でも2人目だからこそ感じる不安や悩みもあるのではないでしょうか?
1人目の時は生まれてくる赤ちゃんのことだけ考えて準備できましたが、2人目出産は上の子のことも色々考えながらの準備になります。
そんな2人目出産の準備についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


2人目出産準備品は買い足しが基本!

一人目と二人目の年齢が近い場合、上の子で使ったものがそのまま使えることが多いでしょう。
子供が増える分、掛かる費用も安く抑えたいものですよね。
基本的なものは上の子の時に揃えたものでまかない、下の子用に必要なものを買い足すように準備しましょう。

消耗品の購入

二人目の産後はバタバタするので、消耗品も十分に揃えておくのが安心です。
上の子の時に使用したものを一度確認してみましょう。擦り切れている、
消耗しているものは買い替える必要がありますので、チェックしておきましょう。

哺乳瓶の乳首
新生児用紙おむつ
おしりふき
ガーゼ
赤ちゃん用洗剤
ベビー用ソープ
赤ちゃん用綿棒
 

引用元-−-マーミー 

2人目出産準備であると便利なものは?

ベビーベッド・ハイローチェア

一人目のときは購入していない方も多いですが、二人目のときはハイローチェアやベビーベッドが大活躍してくれますよ。
上の子が赤ちゃんの周りを走り回ると、赤ちゃんが踏まれたり蹴飛ばされたりしないか不安になってしまいますが、
ベビーベッドやハイローチェアなどで赤ちゃんのスペースを作っておくと安心です。
購入しようか迷う場合はまずはレンタルで対応するのがおすすめです。

抱っこ紐(スリング)・おんぶ紐

お出かけするとき、抱っこ紐があれば上の子と手をつないで歩くことができるので
とても便利だという先輩ママの声も多いですよ。
特に首のすわっていない新生児でも使えるタイプは長く使えるので重宝しますよ。
また、食事の準備や掃除といった家事を行なうときも赤ちゃんを近くに感じながられてママも安心です。
持っていない方や上の子のものは譲ってしまったという方は揃えておきたい出産準備品の1つです。

哺乳瓶の乳首

哺乳瓶は一人目に使ったものをそのまま使えますが、
ゴムはかたくなっていたりくたびれていたりするので二人目用に新調してあげましょう。
ママの母乳の出方も一人目と二人目で違うことが多いので、様子を見ながら買い足していくのもいいですよ。

引用元-−-こそだてハック

1人目出産と2人目出産の大きな違い

上の子供がいるという違い

初産と大きく異なる点は、やはり上のお子さんがいると言う点でしょう。
上の子のいる二人目の妊娠期間は実に大変です。妊娠中体調が優れなくても、上の子の面倒を見なくてはいけません。

適度に手抜きをしよう

食事のお世話や排泄の手助け、入浴等こなすべき仕事が多いにもかかわらず、
一度妊娠・出産を経験しているとあって、周りのサポートもおろそかになりがちです。
ですが、大切な赤ちゃんを抱えているわけですから、無理は禁物です。育児に体力を奪われる
家事を手抜きしたり、とにかく妊娠しているお母さんの体を第一に考えるよう心がけましょう。

引用元-−-COCOMAGAZIN

2人目出産準備で上の子のためにやっておくこと

里帰りしない場合、出産時・入院時上のお子さんをどう面倒見るかが一番の悩みどころかもしれません。
上の子との年齢差が小さい場合は特にお父さんがお休みを取ることが出来ればよいのですが、
そう簡単にはいかないことも多いです。そこで日中上のお子さんをどう面倒見るかを決めておきましょう。

〇 子供と一緒に入院できるところで出産する
子どもが寝泊まりできるのでお母さんは安心ですよね。
ただ出産と同時に二人の子どもの面倒を見るのは体力をとても消耗するので、
家族の協力が必要だと思います。

〇 保育園・一時保育に預ける
保育園によっては出産後3か月程度まで預かってくれる場所がありますし、
一時保育を利用する手もあります。保育園に預ける場合、
お子さんによっては慣れたくらいで退園することになる可能性もありますので、
お子さんの性格に合わせてどう利用するか決めてくださいね。

〇 ファミリーサポートを利用する
各自治体で行っている有償ボランティアです。申し込みをした後打ち合わせがあるので、
利用したい場合は早めに各自治体に相談することをオススメします。

〇 産後ヘルパー・シッター等を利用する
産後ヘルパーやベビーシッター、ドゥーラ協会等にお願いして上の子の面倒を見てもらうこともできます。
民間でもありますが、各自治体でも行っている場合がありますので問い合わせてみてください
(こちらも利用開始までに時間がかかることもありますので早めに動くとよいです)。

引用元-−-lovemo

上の子の心の準備も忘れずに♪

上の子と話そう ~赤ちゃんが産まれるとどうなるか~

第1子の年齢にもよりますが、弟妹ができることをきちんとわかるように話してあげましょう。
この時、ただ「赤ちゃんが産まれるのよ」というのではなく、できるだけ具体的に説明してやり、
産まれたあとの生活が少しでもイメージできるようにしてあげることがとても重要です。
ママはしばらく病院にいること。赤ちゃんは2時間おきに起きてミルクを飲むこと。
そして結構忘れがちなのが「生まれてすぐの赤ちゃんとは遊べない」ということ。

上の子と話そう ~パパとママは何もかわらない~

ママの中にはできるだけ自分のことは自分でやれるようにと、
妊娠をきっかけに上の子に着替えや片づけを自分でするようにしつけていく人もいます。
これもとても大切なことですが、一番伝えなければいけないメッセージは「変わらず大好きよ」ということ。
ママもパパも赤ちゃんに夢中で自分のことなんてもう好きじゃないんだ、と上の子はどうしても思いがちです。
産まれてからも、パパに赤ちゃんをみてもらって上の子と2人きりの時間を過ごしたり、
出産祝いのリクエストを近しい友人から聞かれたら何か上の子の物を頼むなどしてあげたいですよね。

引用元-−-mamanoko

twitterの反応


https://twitter.com/Haaru68/status/646500157412868096

 - 出産準備, 妊娠・出産

ページ
上部へ