管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

冬のシャンプー、毎日するのは間違っている!?

      2016/04/05

冬のシャンプー、毎日するのは間違っている!?

皆さんは毎日シャンプーをしていますか?毎日している人もいれば、2,3日に1回の人、周りに聞いてみても人それぞれでした。
毎日シャンプーしていない私は不潔なイメージを持たれる!?今回は正しいシャンプーの頻度とお手入れ法、また、冬におすすめのシャンプーについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


毎日のシャンプーで髪は傷ついている!?

市販の合成シャンプーの成分表示を見たことがありますか?そこにはシャンプーに加えられている添加物が全て表示されています。
中には頭皮や体に悪影響を与える成分が含まれていることもあります。これらの成分は頭皮や髪に影響を与えるだけではありませんよ。
頭皮から有害な成分が吸収されてしまって、体にまでも影響が及ぶ危険性があるんです。
合成シャンプーを使い続けることで頭皮と髪が受けるダメージを主にまとめてみました。
髪のパサつきシャンプー、リンスをしっかりとしているのにもかかわらず髪がパサつく。それはシャンプーにより髪の潤いが失われてしまったからです。
頭皮のかゆみ。合成シャンプーは頭皮の潤いまでも奪ってしまいます。乾燥すると皮膚が刺激に対して弱くなりますよね。その影響でかゆみも起こりやすくなってしまいます。
抜け毛、薄毛近頃女性にも多い薄毛や抜け毛。性の抜け毛の原因は男性とは異なりますよ。女性の場合は間違ったヘアケアも抜け毛の大きな原因の一つなんです。
シャンプーによる洗いすぎで、頭皮が乾燥します。するとヘアサイクルが乱れて薄毛が起こりやすくなります。
白髪、白髪は老化現象の一つ。ところが同じ年齢でも人によって白髪の量は異なりますよね。頭皮に十分な潤いと栄養が不足すると白髪も発生しやすくなります。
頭皮の乾燥が白髪の発生を加速させる要因になるのです。

引用元-−-女性の美学

汗をかきにくい冬でも毎日シャンプーは必要?

どうせ家から出ないし、汗もかいていないから・・・と、シャンプーをさぼっていませんか?冬こそ、髪と頭皮を大事にするべき季節なんです!

冬は汗の分泌こそ少なくなりますが、皮脂の分泌はさほど変わらないのです。

汗をかいていないからと思って2〜3日髪を洗わずにいると、頭皮がべたべたすることってありますよね。
うっかりすると脂の塊が毛穴をふさいでしまい、かゆくなってしまうことも。

実は冬こそ、髪の毛と頭皮をいたわるケアが必要なんです。

とはいえ、皮脂が分泌を続けるからといって、毎日ゴシゴシと力任せにシャンプーするのは考えもの。
冬は空気の乾燥に加え、暖房や静電気など、ひとの体から水分を奪う要因がたくさんあります。
つまり、お肌にとっても頭皮や髪の毛にとっても、冬は乾燥との戦いなのです。

乾燥しないためには、潤いが大事。
不要な汚れと余分な皮脂をきちんと洗浄しながら、潤いはしっかり残すことが重要です。

一日中ほとんど汗をかかない人の場合、シャンプーは1日〜2日おきにして、その間の日は、お湯で丁寧に地肌をもみ洗いする方法も。
お湯だけでもおよそ7割程度の皮脂は落とせます。
残りの皮脂をあえて残すことで、天然の潤いクリームとして、頭皮を乾燥から守ってくれます。

引用元-−-マイナビニュース

女性に理想的な冬場のシャンプーの頻度は?

男性に対して女性に適した洗髪の頻度は少なめの回数が好ましいように思えます。何故そういうのかというと、女性は男性に比べて皮脂の分泌が少ない とされているからです。
日本女性の黒髪は艶があり美しいと昔からいわれてますが、これは 日本の女性が備え持つ、ちょうど良い程度の皮脂分泌によるもの とされています。
皮脂量が多い欧米女性にはこの美しい髪の質感はなかなか出せないといわれている程ですし。
頭皮には皮膚常在菌というものが有って弱酸性のバリアを作ってくれますが、これが頭皮を健やかに保ってくれて、分泌された皮脂は髪に絡んで天然のコーティング剤になってくれてます。
こういった事から皮脂の確保は必要だといえるので、やはり毎日の洗髪は避けるべきだと思う訳です。
洗髪回数でいえば女性の場合も3日に1回程度が好ましいと思います。
ただ、冬はこれで良いとしても夏になると洗髪の回数を増やしたくなります。そんな時はお湯だけで 湯シャン することをおすすめします。
湯シャンの本当の目的は脱ケミカルするということですが、こういったやり方も有効です。女性の場合は、湯シャンする前にしっかりブラッシングして汚れを浮かせてからおこなってください。

引用元-−-kame38.blog hair life

冬のヘアケアのポイントは髪にやさしいシャンプー選び

まずは、今お使いのシャンプーが合っているのか、もう一度考えてみましょう。何年も同じシャンプーを使い続けているという方もいらっしゃると思います。
もし髪がまとまりにくい、パサつく、切れ毛が増えたと感じられるようでしたら、今お使いのシャンプーが髪を乾燥させる原因の一つになっているとも考えられます。
そんな方には、髪の毛や頭皮に必要なうるおい成分を守りながら、 汚れをしっかり落としてくれるアミノ酸系のシャンプーをオススメいたします。。

また、シャンプーの際に「予洗い」をすれば、シャンプーによる髪への負担を減らすことができます。

予洗いは、ぬるめのシャワーで1分間ほど行うのがポイント。ぬるま湯だけで、髪に付着したほこりや汚れの7割〜8割は落とせます。
シャンプーの量を減らすことができ、また、髪の毛をよく濡らしておくことによって、摩擦による髪のダメージも軽減されますよ。
熱過ぎるお湯でのシャンプーは厳禁です。顔と同様、ぬるめのお湯で洗いましょう。

頭皮同様に髪の毛も潤い第一。髪の毛の乾燥が進めば、枝毛や切れ毛など深刻なダメージを受けてしまします。
リンスやコンディショナー、トリートメントなどを上手に利用し、さらにブラッシングの前には霧吹きで水分を補い、摩擦によるダメージから髪を保護してあげてください。
きめ細かな心配りが、あなたの髪を健やかに保ちます。

引用元-−-マイナチュレ

「冬でも毎日洗いたい」という方に、おすすめのシャンプー

毎日シャンプーをしてしまうのは、
毎日洗うのがクセになっているとか、洗わないと周りに“不潔”と思われそう、という強迫観念が原因になっているように思います。

シャンプーの回数がどうしても気持ちの上で減らせない!と思っている方におすすめなのが、アミノ酸シャンプーを使うことです。
アミノ酸シャンプーは、価格は高いですが洗浄力がマイルドで、髪や頭皮への刺激が少なくなります。ですから、毎日のシャンプーの刺激の影響も少なくなります。

そして、ここがポイントなのですが、アミノ酸の洗浄成分は原価が高くつくため、 品質が良いだけでなく価格も高くなっています。
すると、気持ちの上で「もったいない。」という気持ちが働き、回数を減らすきっかけになるかもしれません。

シャンプーは毎日しなくても、髪の健康を保てます。
むしろ毎日シャンプーをするためにトラブルをかかえている人もいます。
品質の良いアミノ酸シャンプーを使い、洗いすぎないことが健康を保つ秘訣です。

引用元-−-シャンプー育毛対策ラボ

twitterの反応

http://www.my-nature.jp/wp/archives/4400
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2013/01/post_2957.html

 - ヘアケア, 美容

ページ
上部へ