管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

体に効率よく水分吸収!上手な水分の摂り方

      2016/04/05

体に効率よく水分吸収!上手な水分の摂り方

人間の体の多くは水分でできています。その為、水分補給はとても重要なことだと言われてきました。
しかし、間違った方法で摂取した水分は、効率よく体に吸収されません。
では一体どんなことに注意して、水分を摂取すればいいのでしょうか?体の仕組みや水分について、詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


飲んだ水分が体に吸収される仕組み

成人の体重の約60%は水分であると言われてます。
その内、40%が細胞内で20%が細胞外で占めています。
健康な人は、水の摂取した量と排出した量が平衡になるように保たれてます。
普通1日で、水を摂取して排出する交換量は2〜3リットルになります。
1日の水の交換量を2、5リットルとすると摂取量の内訳は、飲料水が1、3リットルで、食品中水分が0、9リットルで、酸化水(エネルギー代謝で生産される水)が0、3リットルになります。
排出量の内訳は尿からが1、5リットルで、皮膚からが0、5リットルで、肺からが0、4リットルで、糞便からが0、1リットルになります。

水分摂取量の大部分は飲料水と食品中水分になります。
これらは消化管内を通って行きますが、唾液や胃液などの消化液の量は1日7〜8リットル分泌されます。
消化液を含め、消化管内の水分の約95%が小腸、約4%が大腸で吸収され、1%が糞便中に排出されます。
消化器系では摂取した水分はほとんど再吸収されてしまいます。
吸収された水分は血管を通って全身を巡るわけですが、泌尿器系の腎臓でで水分を調節しているのです。

水分を取らないと血液がドロドロになると言われますが、小腸や大腸から吸収された水分が血管を通って全身を巡っているとわかると、理解しやすいですね。
さらに血液の構成をみると、赤血球、白血球、血小板の細胞成分が45%で、約90%が水からなる血漿の液体成分は55%を占めていることから、水分を取らないと血液がドロドロになるというのが理解しやすくなるのではないでしょうか。

引用元-−-シャイな職人マッサージ師が思う事

水分の摂り過ぎで体は老化する!?

水を飲めさえすれば体内に充分に水が行き渡るというわけではない。

水はモノを冷やすという一面がある。体温よりも冷たい水分をたくさん飲んで胃腸を冷やすとどうなるだろうか。

胃腸の働きが低下し、胃腸から血液への水分の吸収が悪くなって、胃袋や腸管の中に水分がたまってしまうか、下痢として体外に捨てられてしまう。さらに、冷えた臓器や組織の細胞では、必要な水分を十分に取り込めず、水分は細胞と細胞の間に滞る。これがむくみの原因である。このように不要な場所にたまっている水分が増えると、肝心の細胞が水不足になる。これが「水毒」である。乾燥した細胞は老化の一途をたどる。水をガブ飲みしても、乾燥した体になってしまうのは、こういうメカニズムが体内で起きているためである。

水分の摂りすぎのほかに、毎日の環境からも私たち現代人の体は乾く一方だ。冬はエアコン、夏はクーラーにより一年中乾燥するため加湿器を必要としたり、またシャワーだけで入浴をすませるために十分に体が温まらず、やがて体が冷えて乾燥していく・・・という生活面。年がら年中、南の島で採れる果物を食べたり、パンと牛乳といった朝食・・・という体を冷やす食生活。これらはすべて、体がパサパサになる恐い習慣ばかりだ。

体の乾燥を防ぐには、体を温める食事や生活をしたうえで、体の中にたまった余分な水分を取り除き、細胞に必要な水分をきちんと吸収させることが重要だ。

引用元-−-FLOURひろ

体に吸収されやすい水分はあるの?

体に吸収されやすいというのは軟水が最も適しているといわれています。
これは日常生活におけることです。
運動時はまた異なりますのでその辺りも理解を深めましょう。
まず運動をすると筋肉を動かしたり、エネルギーを消費するので体内の熱が上がります。
それを冷やそうとする働きが汗の役目です。
そして汗が出るということは水分が消費されるということですが、この際に水だけでは実はあまり意味がないこともあるのです。

こういう運動の際はスポーツドリンクを飲むほうが体にとっては吸収が優れています。
運動時は違うということをおぼえておきましょう。
そして日常において体に吸収されやすい水というのは軟水であることに間違いはありませんが、水を摂取すると量により異なるのですが血液が薄められます。
これによって体液のナトリウム濃度を下げるので喉が渇いたというようなことがなくなるのです。
ですが、先程の説明で汗について軽く伝えましたが、汗がでるということはナトリウムを排出しているということなのです。

その際に水を摂取してしまうと、体液の水分が足りなくなっている状態でナトリウムが無いので、体内の感覚としては「水がいらないよ!」というような信号を出すのです。
そうすると、結果としては水を吸収したいのに吸収されなくなってしまうので、喉の渇きが生まれるのです。
これが運動時の「水」だけの危険性です。
一般においては大体10~度前後ぐらいの水を飲むと吸収が良く、胃腸に負担がかかりにくいとされています。

引用元-−-生活の必需品

効率よく体に水分を吸収させる飲み方

水が吸収されるまでおよそ30分かかるといわれています。 もっと早く水分が吸収されるようにすることができます。

それは、『 あら塩 』 なども加えると何も加えていない普通の水より早く吸収することができるというのです。
※普通の塩でも良いのですが、あら塩にはミネラルが多く含まれているので更に良いかと思います。
もちろん、スポーツドリンクは体液により近い成分構成されていますので、すばやく体に吸収されます。

補給する水の温度は、温かいものよりも冷たいもののほうが早く吸収されます。
しかし余り冷えすぎたものはだめで、10度ぐらいが良いと言われています。 10度から15度ぐらいまでが最も美味しく水を飲める温度ですので、美味しく飲めしかも早く吸収する事ができます。
※その時の体調などによって、5度ぐらいから常温等変えるのが良いです。

水は一気にゴクゴク飲むよりも、何回も分けてゆっくり飲んだ方が体に優しいです。
喉が渇いたと思ったときには1%の水分不足になっていますので、喉が渇いていなくても取るようにしてください。

水分が体に吸収されるまで、時間がかかりますので、なるべくこまめに取る方がいです。

引用元-−-いい水ドットコム

ビールでの水分補給は危険?

スポーツやサウナ、お風呂など、汗をかいた後のビールは爽快ですよね。ゴクゴクと爽やかな喉ごしでビール好きにはたまらない至福のひとときでしょう。しかし、そこに大きな落とし穴が…。
当たり前ですが、ビールは水やジュースとは違い、アルコールです。ビールに限らずアルコールにはもともと利尿作用があります。お酒を飲んでいない状態のときは、脳から腎臓へ、尿の量を調整するホルモンが出ています。しかしアルコールはそのはたらきを抑えてしまうため、尿の量は増えてしまうのです。だから、お酒を飲むとトイレに行く回数が増えてしまうんですね。ということは、汗をかいた後にビールを飲んで水分を補給したつもりでも、実際は、大半が体の外へ出てしまっていることになります。
特に、カリウムのが多く含まれているビールは要注意!他のお酒に比べてもビールの利尿作用は高いので、ビールを飲んだ結果、摂取した水分量よりも、尿として体の外に出ていく水分の方が多くなるという事態が起こってしまいます。汗をかいた分だけ体内は脱水状態になっているので、しっかり水分補給をすることが大切なのに、ビールを飲んでしまったら、ますます脱水状態になってしまうのです。

引用元-−-カラダカラ

twitterの反応

 - 健康, 食生活・食べ物

ページ
上部へ