管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

赤ちゃんが歩くのが早いとどんな影響がある?

      2016/04/05

赤ちゃんが歩くのが早いとどんな影響がある?

赤ちゃんが歩くのは成長の大きな1つの段階です。赤ちゃんが歩き出すのは、早い子・遅い子と個人差もバラバラです。
ではその早い子・遅い子の違いは何なのでしょうか?また、これからの成長に大きな違いは出てくるのでしょうか?
赤ちゃんの健やかな成長を温かく見守りながら、歩くことについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


赤ちゃんが歩くのはいつ頃?早い子・遅い子

ひとり歩きの時期

ひとり歩きの時期は、積極的な赤ちゃんは10ヶ月頃から、のんびり赤ちゃんは1歳半くらいまでと大きな差があります。歩き始めるタイミングや、環境にもよるので個人差があって当然です。

つかまり立ちが好きな赤ちゃんは、すぐに歩くだろうと思われがちですが、つかまり立ちと歩くことは別の運動だと考えてください。つかまり立ちは立ったり座ったり、その場で上下運動することを楽しんでいます。

つたい歩きの好きな赤ちゃんは自分で移動することに積極的なので、早い時期からひとり歩きに挑戦するケースもあります。でも支えるもの無しで歩くことに恐怖心のある赤ちゃんは、しばらくつたい歩きを好むようです。

引用元-−-e-いくじ

赤ちゃんが歩く前兆

つたい歩きが達者にできるようになったら、足の筋力は、歩く準備OKです。

歩けるようになるのに、あともう一つ必要なもの。それは、バランスを取る力です。
よく、こんなシチュエーションを目にしませんか?
テーブルにつかまり立ちをして、テレビをみていたら、いつもの体操が始まって、楽しそうにリズムに合わせて手拍子!よく見ると、どこにもつかまらずに、ひとりで立っています。

このように、つかまり立ちの体勢から、手を離しても、長く立っていられるようになったら、バランス感覚が、身についてきた証拠です。

他に、こんな場面もあります。
ご機嫌に手押し車を押して歩いていたら、壁に突き当たりました。
いつもなら「向きを変えてー」と泣いて訴えるのに、よいしょよいしょと、自分で方向転換しようとします。

また、両手を繋がないと歩けなかった赤ちゃんが、片手を繋ぐだけで歩けるようになるのも、バランスを取る力がついてきたサインです。

こんなシチュエーションが増えてきたら、歩き出すまで、あと少し。
赤ちゃんの機嫌が良いときに「おいでー」と呼んでみると、初めての1歩が出るかもしれませんね^^

引用元-−-赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんが歩く練習は必要?

歩く練習?他の赤ちゃんと比較していませんか

寝たきりだった赤ちゃんが寝がえりをするようになり、座れるようになり、つかまり立ちをするようになり・・・

ひとつひとつが本当に嬉しいものです。

特に、歩けるようになる、というのは人間としての第一歩を踏み出したように感じ特別な感情を持つものです。

児童館などで見かけた同年代の子と比べ、うちの子は歩くのが遅い、とやきもきしたり、はたまた、うちの子は他の子より歩くのが早い、と胸を張ってみたり。

他人との比較で、早く歩かせたいと思い努力するのは間違いです。

歩くことに限らず、育児全般に関し、自分の子をしっかり愛し受け止めることで子供に今何が必要なのか考えることが大切だと思います。

他人との比較で育児をするのは親子お互いのためになりません。
子供にも、ひとりひとり、自分のペースというものがあるのです。

赤ちゃんに歩く練習をさせることのデメリット

歩き始めたころ、赤ちゃんは歩くことができるととても嬉しそうにします。

その喜んだ顔を見て、歩行器を購入する親もいることでしょう。
歩行器自体が、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないようです。

しかし、歩行器などを使って赤ちゃんを早くに歩かせようとすると、その分、はいはいをする機会を奪うことになります。

はいはいの期間が短くなることは、赤ちゃんにとって大きなデメリットです。

引用元-−-子育ては楽しい.com

赤ちゃんにはハイハイが重要!早い時期から歩くのはNG!

ハイハイは、腕や脚を使う ことで筋肉が付くだけでなく、神経が発達していきます。
そして、腹筋背筋も鍛えられるのです。

それができていないと、あるき始めてから自分の頭の重さを支えられず、フラフラ前後しながら歩く ようになることもあります。

これは筋力だけの問題ではなくてハイハイは頭を頻繁に上下左右に動かすことで、三半規管が鍛えられ、、バランス能力も鍛えられるのです。

さらに足の指を使って進むハイハイをすることで、指が強くなります。これによって、走ってもバランスを崩しにくくなるんです。

このような経験をせずに早く歩きだした子は、走っていて、ぴたっと止まれなかったり 、フラフラ進んでしまったり、 ふらつき お尻で転んだり してしまう ことが起こるのです。
止まるための指先の力やバランス力などがが育っていない状態なのです。

なので、元々の運動神経は良いのでしょうが、今後運動が上手な子になるとは限らないといえますね。

引用元-−-知恵を貸して 人に聞けないこの悩みって常識?

赤ちゃんが歩く時期、早い遅いはその後の人格・知性に無関係!

赤ちゃんが歩きだすのが早ければ「将来怖いものなしの子どもになるんじゃ…」と心配し、我が子が腰を上げるのが遅いにつけ「成長に問題があるのでは?!」と眉をひそめる。子どもの成長に一喜一憂するのが親というものだが、少なくとも歩きはじめの早い遅いではその後の人生に大差ないことがわかった。

スイスのチューリッヒ小児病院では1978年〜93年に生まれたベビー222人について、18歳になるまで追跡調査を行った。2歳までに7回におよぶ詳細な検査を実施し、その後も定期的にバランス感覚や協調性、知能のテストを行い経過観察を続けたという。両親には助けなしでお座りができるようになった日や、何にもつかまらずに初めて歩いた日など成長の節目を記録してもらった。

一人でお座りができるようになるのは6か月〜6ヶ月半が一般的といわれているが、実際には4カ月以下の子もいたし、1歳を過ぎてもお座りをしない子もいたという。同じく1才頃が普通といわれる歩きだしの時期も8ヶ月半〜1才8カ月と千差万別で、子どもの成長を十把一からげに論ずること自体無意味だと判明した。お座りや歩きだしにこれだけの差があっても、それが将来その子の協調性や知脳を左右することはなかったというから一安心だ。

引用元-−-IRORIO

twitterの反応


 - 新生児・乳児期, 育児

ページ
上部へ