管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

女性が一人で生きていくための仕事やお金の問題

      2016/04/05

女性が一人で生きていくための仕事やお金の問題

女性が生涯を通し、一人の人生を選択するとき、仕事やお金などどんな事が必要になるでしょうか?

男女の差がなくなり、女性の働き方が大きく変わってきた今、生涯独身と考える女性も増えてきました。

しかし、女性が一人で生きていくには、色々と問題が生じてしまうことも・・・そんな女性の生き方を詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


●女性が一人で生きていくには仕事が重要!

結婚をせず、一人でも十分幸せな人生は送れる

中には「女性は結婚をしないと幸せになれない」なんて言う人もいるかと思います。けれどそれは本当でしょうか。

社会で活躍されている方の中には結婚をせずに40、50と年を重ねている人も多くいらっしゃいます。その方達が皆幸せでないかというと、そんな事はありません。

夫や子供の代わりの話相手となる気がおけない友人を持ち、仕事の充実感を持っていれば幸せな人生を送ることは十分可能です。

手に職系の仕事があるとベスト

女性の一人人生で気をつけなければいけないこととしては女性は年を重ねて行くとどうしても正社員としての仕事が少なくなって来るということです。

そのため、仕事を持つのであればできるだけ手に職系のものが良いでしょう。またそうした職の方が何年後になっても充足感が継続しやすかったりします。

もし手に職系の仕事でないという方は今の内に人脈を築いておくと良いかと思います。人脈によって引き抜かれたり仕事を紹介されるということはよくある話で、将来のことを考えて今のうちに広い人間関係を構築しておくと後々で役に立ちますよ。

引用元-独身女性の人生設計

女性が一人で生きていくための仕事に有効な資格

しなやかに、かっこよく、覚悟を決めて人生を生きていきたい…。女性が長く生きる時代。どんな立場にあっても、女一人で生きていく術を身につけたい。この先はどうなるのかしら? 年金は? 自分の権利はどう守る? 仕事はずっと続けられるの? と悩みはつきません。そんなとき、頼れるのが資格です。

そこで、女性が一生働ける資格をご紹介します。
1.社会保険労務士
…企業の労働保険業務や労務・年金・社会保険のコンサルタント
2.司法書士
…市民の権利と財産を守る法律実務家
3.土地家屋調査士
…調査・測量・登記のスペシャリスト

いずれも国家資格、終身資格であり、結婚・出産・子育てを経ても男性とほぼ対等に仕事ができる資格です。また、受験勉強も集中して学習すれば取得までの期間は2年程度といわれており、決して合格できない試験ではありません。また、女性にとって働きやすい環境を作り出すのも女性の活躍があってこそ。法律の専門家に女性が増えることは、女性にとって大きな意味があります。自分のため、社会のためになる法律資格、意外と手の届く範囲にある資格も多いのです。

引用元-All About

女性が一人で生きるための「仕事」

女性が一生独身で生活していくのなら、雇用形態は間違いなく「正社員」でなければいけません。
福利厚生がしっかりしていたり、退職金がきちんと貰えることなども重要です。

安定した収入が見込める「公務員」や、医師・看護師・薬剤師などの「医療系国家資格」の職業はやはりおすすめ度は高いです。

老後に向けて貯金もしなければなりませんから、手取りで350万円ほどは貰いたいところです。
年間で100万円貯金していかなければ、老後が恐ろしいことになるかもしれません。

もちろん「自分の好きな仕事をする」というのも独身の特権ですね。

一生独身で過ごすというのは、「自分の時間をジャマされない」というメリットはありますが、病気やケガをしたときはどうですか?
不慮の事故で長期間働けなくなったとき、独身だったら収入もなくなりますし、身の回りのことをしてくれる人もいません。

その頃に両親が健在だとは限りませんよね。

引用元-ほんとに結婚しなくていいの?一生独身女性のための情報Web

女性が一人で生きていくメリット

いつまでも自由に恋愛ができる

独身のメリットの一つは、自由に恋愛ができることです。女性はいつでも恋愛をして、輝いていたいもの。しかし、現実は既婚者が恋愛をすれば、不倫と言われ、隠れて恋愛をするか、恋を諦めるしかありません。

一生独身でいれば、誰にも迷惑をかけず、年下の男性とだって自由に恋愛をすることができますね。恋のおかげでいつまでも美しくいられるかもしれません。

心置きなく好きなことができる

仕事や趣味、何でも、誰に気兼ねせずに自由にできる、というのは大きなメリットです。結婚すれば、休日は家のことや旦那さんの実家に行く、親戚の人が遊びにくる、など自分の時間が思うように取れないこともしばしば。

平日も夜は旦那さんの会社の人がご飯を食べにくるなど、自分だけの予定ではなく、旦那さんの予定にも合わせなければなりません。

仕事だって、旦那さんの食事の支度などを考えると、毎晩遅くに帰るわけにもいきません。独身であれば、ほとんどが自分の時間。自由に使うことができます。

引用元-女性の美学

収入を自由に使える

自分で稼いだお金は、すべて自分のもの。自由に使うことができます。旦那さんの稼ぎが少ないから、自分も生活費を稼がなくてはならないから、洋服1枚買えない、なんてことはありません。

ある程度稼ぎがあれば、洋服でもバッグでも、マンションでも、自分の好きなものが買えて、好きなように使えます。

心配事は自分のことだけ

家族が増えれば、それだけ心配事も増えます。自分一人なら、せいぜい自分の親のことくらいで、あとは自分の心配をすればいいですね。

引用元-女性の美学

女性が一人で生きていくデメリット

親や周囲からのプレッシャーがつらい

女性が独身のままでいると、親や周囲から結婚を意識させるプレッシャーが強くなります。親や周囲も良かれと思って結婚を勧めているのですが、独身女性にとってはつらい体験をすることになるでしょう。

結婚していない女性は、周囲からは「結婚できない女性」と見なされることが多く、独身でいることにストレスを感じるようになるかもしれません。本当に結婚しづらくなるアラフィフ近くの年齢になるまで続きますので、耐えきれずに結婚する女性も少なくありません。

一人で働き続けないといけない

一生独身でいるということは、一人で働き続けてお金を稼がないと生活ができません。結婚すれば男性に支えてもらうことができますが、一生独身でいる女性は自分一人が頼りです。

女性が高齢になるまで働き続ける環境は、残念ながら今の日本では十分に整っていません。恵まれた職場環境で働いている人は一生独身でいることも可能ですが、非正規など不安定な職場環境で働いている人は、将来抱えるリスクに注意しておく必要があります。

母親になることができない

誰とも結婚せずに一生独身でいる人は、母親になることはできません(未婚の母などは除く)。出産・子育てを通じて、愛するパートナーと一緒に「家族をつくる人生」を選ばないということです。

多くの女性は独身から母親になることで、価値観が変わります。一生独身でいることを考えていた女性も、偶然のきっかけで結婚して子どもを授かったことで、それまでの価値観がひっくり返ったと言います。母親になるということは、女性自身も生まれ変わることができる経験なのかもしれません。

引用元-Conshare

twitterの反応

 - ライフスタイル, 生活

ページ
上部へ