管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

腹痛を伴う下痢の様々な原因とは?

      2016/04/05

腹痛を伴う下痢の様々な原因とは?

誰でも腹痛や下痢は経験したことがあると思います。腹痛や下痢にも色々な種類があります。辛い腹痛や下痢の原因にはどんなものがあるのでしょうか??

腹痛の種類や下痢の種類、腹痛を伴う下痢の原因などについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


知っておきたい腹痛の種類5つ

内臓性腹痛

内臓自体が原因になり、引き起こされる腹痛です。もっとも多い症状といえるでしょう。鈍い痛みが継続しておこる傾向にあるようです。鈍痛な為、痛む範囲が広く感じられ部位の特定が伝えづらいといえます。関連して下痢や嘔吐の症状も多くみられます。

体性腹痛

鋭く差し込むような痛みで、内臓性腹痛と違いは痛みの部位を自覚できるところにあります。医療機関を受診する際、医師に症状を伝えやすくはありますが、急性な場合が多く救急車を要請する事態になることもしばしば。

心因性腹痛

ストレスからくる痛みで、胃腸にあらわれる場合が多いようです。もともと器質的には異常が無かったとしてもストレス要因で臓器に異常があらわれてくることも。

関連痛

他の部位の症状が腹痛となって現れるものを指します。脳が痛みの発生している部位を誤認識して起こるといわれています。

放散痛

痛みが広がるように伝線し他の部位でも感じられます。

このように痛みの種類分けをしてみても、実際は痛みの強さや下痢、嘔吐の併発もあり分析どころではなかったり、痛みの種類も混在していてどれに当てはまるか分からなかったりと、混乱してしまいますね。

腹痛は軽い症状から命にかかわる重大な症状まで多岐にわたります。大切なのは少しでも痛みの様子がおかしいと感じたら自己判断で我慢をせずに受診することです。

引用元-健康+生活

下痢の状態から判断できる色々な病気とは?

自分自身の腸の様子がなんだかおかしいと気づいている人は非常に多いのですが、いつもの事だからと半ばあきらめかけている人も少なくありません。便は体の異常を知らせる最も分かりやすいサインです。毎日の便を観察することで、健康状態をチェックできます。しかも腸は第二の“脳”と言われるほど心とも直結しています。

下痢が病気のものか、一過性によるものか、判断する目安として、下痢の回数、下痢の状態(血液、粘膜)、痛み、発熱、嘔吐、食べた物をまず考えてみましょう。腸を健康で快調に保つ方法を知る事は病魔を遠ざける一番の近道です。

下痢から判断される主な病気として次のような病気が挙げられます。

慢性的な下痢の場合

腹痛がある:過敏性腸症候群 大腸憩室炎 クローン病 潰瘍性大腸炎 

腹痛がない: 大腸がん 

急性な下痢の場合

発熱がない場合:アレルギー性の下痢 

発熱がある場合:感染性腸炎食中毒

上の病気は、簡単な症状での病気の可能性を示唆しているにすぎません。下痢や腹痛を伴う病気は複雑で診断も難しく、重い病気の可能性もありますので自己判断せずに必ず専門医を受信して適切な治療を受けてください。

引用元-下痢の改善相談室

腹痛を伴う下痢の原因 過敏性大腸炎

過敏性腸症候群とは

腸に何も異常がないのに、腹痛を伴った便秘や下痢が続く病気を「過敏性腸症候群」と呼んでいます。神経質な人、生真面目な人など、ストレスを受けやすい性格の人に発症しやすい心身症の一つです。通勤途中で何度もトイレに駆け込む、便秘でしばしばお腹が痛むといった状態であれば、この病気が疑われます。

引用元-T-PEC

症状について

過敏性腸症候群の主な症状は、便通異常(便秘型・下痢型・交替型)、腹痛、腹部不快感があげられています。腹痛は必ずしも痛む場所が一定していません。痛みの程度も軽いものから、しぼられるように強く痛むものまで、その程度は様々です。また、排便によって腹痛が軽くなるのが特徴です。

排便回数は一般に多いのですが、夜間の睡眠中はほとんど便意がありません。残便感や腹満感(お腹にガスがたまった感じ)を感じることもあります。

引用元-T-PEC

治療法について

過敏性腸症候群とうまく付き合っていくことで、治療の目標は症状を軽減することにあります。「規則正しい生活を送り、正常な便通習慣を取り戻す」「スポーツや趣味などでストレスを発散、コントロールする」ことに心がけることです。薬を服用する場合もあります。鎮痛薬、消化器運動機能改善薬、精神安定剤、漢方薬などが処方されます。過敏性腸症候群は主にストレスが原因で起こる病気なので、薬によって症状が緩和できても、それは一時的なものです。薬にのみ頼らず、規則正しい生活を忘れないようにしましょう。

食事はあまり神経質に考えなくてもよいのですが、三食規則正しく食べるようにしましょう。便秘型の人は、食物繊維を多く含む野菜や果物(ゴボウ、セロリ、ニンジン、リンゴなど)を多くとるようにしましょう。下痢型の人は腸を刺激しやすいもの(コーヒーやスパイス類)は避けた方がよいでしょう。お腹が張りやすい人は炭酸飲料は控えるようにしましょう。

引用元-T-PEC

腹痛を伴う下痢の原因 食中毒

食中毒の種類

病原体に汚染された食物や有毒物質を含んだ食物等を誤って口にすると食中毒がおきます。食中毒には次のような種類があります。

①細菌性食中毒   感染型・腸炎ビブリオ、サルモネラなど
          毒素型・黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌など

②自然毒素型食中毒 植物性・毒きのこ、毒草など
          動物性・フグ毒、貝毒など

③化学物質性食中毒 メタノール、カドミウム、水銀等

④アレルギー様中毒 ヒスタミン一サバ、マグロなど一

 これらの中で最も多く発生し、問題となるのが細菌性食中毒です。細菌性食中毒は感染型毒素型に分けられ、症状は、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などですが、発熱は感染型に多いのが特徴です。
 感染型は十分加熱すると食中毒を防ぐことができますが、毒素型は いったん毒素ができてしまうと加熱してもほとんど防ぐことができません。

引用元-食中毒の種類

下痢や嘔吐など食中毒症状が改善されない場合は病院へ

食中毒が改善されない場合、症状が激しい場合には、早急に病院へ行くようにしましょう。以下の症状の場合は、特に注意が必要です。

 ①. 一日に10回以上、嘔吐・下痢がある場合。
 ②. 激しい下痢などの症状がある場合。
 ③. 血便など血液が混じっている場合。
 ④. 呼吸が不安定、意識が朦朧としている場合。

引用元-食と健康の総合サイト e840.net

腹痛を伴う下痢 その他の原因

暴飲暴食」による下痢

「暴飲暴食」によっても下痢は引き起こされます。

少量のアルコールは腸の働きを活発にしますが、大量の飲酒は、水分のとり過ぎを招いたり、アルコールによって腸粘膜が荒らされたりするため、下痢を引き起こします。水分のとりすぎで下痢をするのは、便の水分が十分に吸収されないまま排出されるためで、大半は飲酒の翌朝に発症します。

食べ過ぎの場合、消化不良物や、そこから発生したガスが腸の粘膜を刺激して、腸が異常収縮するため、下痢が起こります。

引用元-Lidea

食品に含まれる「成分」による下痢

果物や豆類に含まれる糖類や、ノンシュガーの食品などで砂糖の代わりに使われている甘味剤などの「成分」の作用で、腸内に水分がたまり、下痢を引き起こすことがあります。

また、乳糖を分解する酵素を持たない「乳糖不耐症」の人は、牛乳を飲むと乳糖が消化されず、乳糖が小腸に蓄積され、下痢を起こします。

辛い食べ物やコーヒー、冷たい物などを飲み食いした場合も、消化管への刺激によって下痢が生じることがあります。
「生理」による腹痛をともなう下痢

生理周期のうち、生理前は子宮を収縮させる「プロスタグランディン」の分泌により腸が異常収縮し、腹痛をともなう下痢が起こりやすくなります。

「生理」の時は、心理的にも不安定な状態が続くため、ストレスが原因となることもあります。

引用元-Lidea

twitterの反応

 - 医療・病気, 病気・症状

ページ
上部へ