管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

冬の寒さに負けない!赤ちゃんの外出時の服装は?

      2016/04/05

冬の寒さに負けない!赤ちゃんの外出時の服装は?

寒い冬に子どもを連れてお出かけ。風邪をひかないように服装には気を付けてあげたいですよね。

でも、「赤ちゃんには何を着せたらいいの?」「いっぱい着せた方がいい?」とお悩みではありませんか?

冬の厚着はかえって風邪をひく原因になることも。そこで今回は冬の赤ちゃんの服装についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


赤ちゃんの冬の基本の服装

赤ちゃんの冬服の着せ方

一般的に、生後1ヶ月までは大人が着ている枚数プラス1枚、生後1ヶ月から3ヶ月くらいまでは、大人と同じくらいの枚数、生後3ヶ月を過ぎてからは、大人より1枚少なめに着せるのが目安です。

赤ちゃんはとても汗っかきです。新生児や生後3ヶ月くらいまではともかく、月齢が進むにつれて、赤ちゃんの汗腺(汗を出す機能)はどんどん発達し、汗腺の数は、大人と同じくらいといわれています。小さな体で、大人と同じくらいの汗をかくということを、想像するとびっくりしますよね。

そのため、着せすぎると冬でもあせもができてしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんの背中に手を入れてみて、熱い、または汗をかいているようであれば着せすぎだと考えてくださいね。

引用元-赤ちゃんの冬服の着せ方は?肌着や靴下など服装のコツまとめ – こそだてハック

これは、生後2ヶ月までは大人と同じように、生後3ヶ月からは大人より1枚少なめに・・と考えていただくとわかりやすいですね。

赤ちゃんはとても汗かきです。
もう1枚着せようかどうか迷ってしまうような時は、着せない方がいいと思います。

それでも迷う時は、顔色を見たり、手足を触ったり、汗をかきやすい背中をチェックしたりするといいですよ。

寒いかもと思ったら意外と背中に汗をかいている・・なんてことがよくあります。
こまめにチェックしてあげましょう。

引用元-冬に赤ちゃんを出産する時の準備リスト | 赤ちゃんブログ|赤ちゃんの子育てを支援します!

月齢別!赤ちゃんの室内と外出時の服装(冬)

月齢:0ヶ月〜2か月(新生児期)

サイズ目安:50〜60

室内で過ごす時

【例1】 短肌着 + 長肌着 + ツーウェイオール(ドレス型)
調整用:新生児ベスト
(あんよの動きが少ない時の基本の着せ方)

【例2】 短肌着 + 長肌着 + ドレスオール 
調整用:新生児ベスト
足をバタバタしはじめたらコンビ肌着を活用しましょう。

お出かけ時

短肌着 + 長肌着 + ドレスオール + おくるみ・靴下・帽子

引用元-冬生まれの赤ちゃん 0才から1才までの着せ方の例|赤ちゃん肌着と洋服の着せ方

3ヶ月〜5ヶ月の首がすわりはじめる時期・・・サイズは60ぐらい。

室内:短肌着+コンビ肌着+カバーオール(+調整用に新生児ベスト)
屋外:前開きボディ+カバーオール+ジャンプスーツ・靴下・手袋

6ヶ月〜8ヶ月のハイハイをはじめる時期・・・サイズは70ぐらい。

室内:かぶり式ボディ+カバーオール(+調整用にカーディガンやベスト)
屋外:かぶり式ボディ+暖かいセパレートの服+ジャンプスーツ・靴下・手袋

9ヶ月〜1歳のつかまり立ち時期・・・サイズは70〜80。

室内:かぶり式ボディ+暖かいセパレートの服(調整用にカーディガン)
屋外:かぶり式ボディ+暖かいセパレートの服+ジャンプスーツ・靴下・手袋

1歳から2歳、3歳にかけては、歩きはじめて動きもどんどん活発になってきます。この頃も肌着はまだボディ肌着の方がおなかも出ないので使います。あとは大人とほぼ同じような感じで大丈夫です。

引用元-赤ちゃんの冬の服装・肌着はどうする?新生児から月齢別に解説 | LifeHack.com

赤ちゃんと外出…冬の服装のカギは肌着!?

接結天竺の素材の特徴を活かして、赤ちゃんがあたたかでやさしい肌触りをそのまま感じられるよう、シンプルなデザインのあったか肌着は重宝するマストアイテム。アウターとも組み合わせがしやすく、温かいお部屋でなら1枚でも十分かわいく着せられます。最近人気なのは、全開できておしりにマチがついたカエルタイプ。赤ちゃんの脚の動きを邪魔しない仕様になっています。

引用元-秋冬のベビーウェアの選び方|ベビータウン

上の子4歳が2歳〜保育園に通ってるのですが、保育園の保健師さんの指導では基本的に冬でも半そで下着なんです。
長袖下着を着る子はほとんどいません。
法が改正される前は基本は冬でも裸足でした。
今は地震などの災害の時のため上履き着用になりましたが・・・それでも園内ではみんな裸足の子が多いです。

体温調節が苦手な子供をあまり暖めすぎてしまうと体温調節が上手くいかなくなってしまうそうです。
なので大人のように着込んだり防寒したりする必要はないそうです。

園に通うまでは私も長袖を着せたりしてたのですが着させすぎは逆に汗をかいて風邪のもとになるし、長袖+長袖は動きを妨げるそうです。
なので半そで又はランニングに上着を一枚という指導を受けてます。
寒い時は着込むより腕や首が閉まってるものを着せた方が効果的なんです。
なのでタートルや腕に隙間のないものブカブカすぎないものがおすすめです。

引用元-1歳の子供 冬の肌着は半袖?長袖? – 育児 | 教えて!goo

冬でも赤ちゃんと外出しよう!

赤ちゃんと一緒にお家の周りをぐるっと回ってくるだけでも気分転換になります!

そして、ママの気分転換だけでなく冬のお散歩には赤ちゃんにもいいことが実は、いっぱいあるのです。

まず、外気を吸うことで赤ちゃんは呼吸器官が鍛えられると言われています。
そして適度な日光浴は赤ちゃんの健やかな成長には欠かせないものです。
また、冬のお家の中と外でのはっきりとした気温の違いは体温調節機能の発達を促すことができるでしょう。

その他にも、ママが季節の移ろいを肌で感じるように赤ちゃんも冬の景色を身体全体で感じているはずですし、お散歩に適した時間帯が冬は長くないのでご近所の赤ちゃん連れに会うチャンスも高くなります。 私もお散歩中にお友達ができた一人です。
この時期にできたママ友は育児のちょっとした悩みをお互い相談できて、本当に助かりました。

また、お散歩に行くことで赤ちゃんにも昼と夜の区別がはっきりとわかり、いろんな景色を見たり、感じたり、触ったりすることで感受性も豊かになるでしょう。
生活にメリハリができることも考えられますね。

冬のお散歩は寒いだけじゃなく、赤ちゃんとママにとってたくさんいいことがありますね。

引用元-赤ちゃんの冬のお散歩!おすすめの時間帯や服装は?頻度は毎日は多すぎ? | 赤ちゃんブログ|赤ちゃんの子育てを支援します!

でも冬の外出は赤ちゃんの服装に注意!

極端に寒いところへのお出かけでは、できるだけ外の冷気に当たらないような防寒具や服装の準備を。
また、事前におむつがえや授乳ができる施設のリサーチも大切です。すぐにあたたかくなる使い捨てカイロは、大人にとっては便利ですが、肌の弱い赤ちゃんは、ほんの短い時間でも低温やけどになることもあるので、使わないほうがいいです。
赤ちゃん自身の熱を逃さないような保温性のある衣服で、外から冷たい空気を防ぐような防寒具を親がきちんと準備してお出かけしましょう。

引用元-うーんと寒いところに行くときはここをCHECK! – gooベビー

赤ちゃんは自分で体温調節ができないし、寒さを訴えることもできません。いつもの様子と違うところがないか、こまめにチェックすることが必要。
まずは顔色が悪くないか確認して。唇の色が悪かったり、ふるえていたりしたら即、屋内へ。赤ちゃんのきげんがいいかも確認ポイント。
体温を確認するときは手足ではなく、首筋をさわるとそのときの体温を把握できます。寒そうだったら、手足のマッサージで血行をよくするのも効果的。

引用元-うーんと寒いところに行くときはここをCHECK! – gooベビー

twitterの反応


https://twitter.com/1023sige/status/652945480603725824

 - 新生児・乳児期, 育児

ページ
上部へ