管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

幼児の発達!言葉の教え方はどうしたらいいの?

      2016/04/05

幼児の発達!言葉の教え方はどうしたらいいの?

幼児の発達の目安の一つともなる言葉の発達。親として子供に対して、言葉の教え方はどうしたらいいのでしょうか?

そこで成長していく子供に、効果的に言葉を教えることができる方法を年齢別に調べてみました。

ぜひ参考にして、年齢にあった言葉の教え方を実践してみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


幼児の発達!0歳児の言葉の教え方

言葉がまだ出なくても、こちらの言うことはかなり理解していてびっくりすることがあるでしょう。
「パパのくつした、どこかな?」とママが言うと、たんすのところに行き、引き出しを開けてくつしたを取ってくるという「お手伝い」をすることもあります。
また、「買い物に行こうか」と言っただけで、ママがいつも持っていくバッグを運んできて、玄関の方に行ったり。大人の生活をよく観察して、学んでいることがわかりますね。

今後ますます親の様子を真似するようになりますから、親の生活も恥ずかしくないものにしたいですね。
また、なじみの深い人や物の名前を言うようにもなってきます。
「ママ」だけでなく、子どもが大好きな「ブーブー」「ワンワン」などが多いでしょう。
ときには名前を呼びたくても、発音できずイライラすることも。そういうようすが見て取れたら、「ああ、ボールが取りたいのね」と、名前を言ってあげることで、赤ちゃんはそれが「ボール」であることを少しずつ学んでいきます。

無理に言葉を教えようと、「これは、ボール、ボールよ!」と言う必要はありません。
また、赤ちゃんが「ボール」のことを「ボージュ」と言ったときに、ママが合わせて「ボージュ」と言う必要はありません。
赤ちゃんは「ボール」と発音しよう としているのですが、まだ口の動きがうまくいかないだけなのです

引用元-生後0歳 11ヶ月 赤ちゃんの成長 | 育児 | ベビカム

幼児の発達!1歳児の言葉の教え方

言葉が出始めたばかりの赤ちゃん(1歳児)への声かけにはコツがあります。
それは、「ゆっくり話すこと」「その子が理解できるレベルで、新情報も得られるように話しかけること」、「大事なことは繰り返すこと」「歌など、耳に入ってきやすい形にすること」です。

引用元-幼児の言葉を伸ばすコツ―お子さんの言葉が遅いとお悩みのママ必見

「その子が理解できる範囲内で、新情報も得られる」話しかけ方の具体例

●単語で話す子には、2語文レベルで応答します
例 子「ぶーぶー」 親「赤いぶーぶーだね」

●2語文で話す子には、3語文レベルで応答します
例 子「赤いぶーぶー」 親「赤くてかっこいいぶーぶーだね」

●3語文以上で話す子には、2文で話しかけます
例 子「赤くてかっこいいぶーぶーだ」 親「赤くてかっこいいぶーぶーだね。乗ってみたい?」

大事なことは繰り返すやり方

これは宣伝広告だと思うと分かりやすいです。不自然でない程度に何度も繰り返すことで、記憶に残ります。

「○○くんのまゆげ、立派なまゆげだね。ママのまゆげも触ってみて。」

歌など、耳に入ってきやすい形にする具体的なやり方

元々ある歌を利用してもいいですし、知っている歌の節を利用して、自分で替え歌を作ってもいいですね。多少強引でも問題ないです。

例:ぞうさんの替え歌で、「○〜くん、○〜くん、お〜ててはど〜こかな?」

引用元-幼児の言葉を伸ばすコツ―お子さんの言葉が遅いとお悩みのママ必見

幼児の発達!2歳児の言葉の教え方

2歳児への言葉の教え方

子供が、2歳になる頃には、子供自身がしゃべれなくても、親の言葉を理解するようになります。
この「言葉を理解する」ということが、とても大切です。
子供は、理解した言葉からしゃべれるようになるので、まずは、言葉を理解させてあげるようにしましょう。

幼児に言葉を理解させるには?

幼児に言葉を理解させる時に重要なのが、「ボディーランゲージ」です。
ただ言葉を教えるより、指をさして、「りんごだよ」など、言葉を教えると良いでしょう。

また、身近なものや、子供の好きなものの方が覚えやすいので、好きな食べ物や、キャラクターの名前などから言葉を教えると、子供が言葉を理解しやすくなります。

2歳児は、とても言葉を覚えやすい時期です。
なかなか言葉を話し始めなかったとしても焦ることなく、子供の好きなものや興味を示すものから、少しずつ、楽しく言葉を教えてあげましょう。

引用元-2歳児の言葉の発達〜上手な言葉の教え方〜

幼児の発達!3歳児の言葉の教え方

子供のお話したいという気持ちを引き出してあげることが大切です。

まだよく喋れないお子さんの場合、よく間違えてしまったりもします。

例えば、犬を見て「にゃんにゃん」と言ったり、ほほえましい間違いをたくさんします。

でも、パパやママがもしお子さんの言葉の遅れを心配して焦っている気持ちだとついつい「違うよ」などと否定してしまうことがよくあるものです。

確かに正しい言葉を早く喋れるようになってほしいと思うのが親の気持ちだと思いますが、ここは焦らずに「そうだね」などと受け入れてあげた上で、さりげなく正しい「わんわん」や「犬」といった言葉を添えてあげるなどの工夫をすると良いでしょう。

否定ばかりしてしまうと、やる気をなくしてしまうのは子供も一緒です。

まず受け入れてあげた上で、正しいことを教えてあげるくらいののんびりした教え方がお子さんのやる気を引き出して、お喋りを上手にすることにもつながるのです。

また、何と言っているか大人にはわからないようなことを話していることもありますね。

その時は、その言葉を繰り返してあげたりするとお子さんはしゃべることが楽しくなります。

そして、単語を無理に教えようとする必要はありません。

楽しく遊びながら話しかけてあげることで、お子さんの中には言葉が蓄積されていきます。

そして、もし異常がなければいずれ時が来れば、それが表に出てくるということなのです。

親子で楽しみながら、言葉の発達をうながしていけたら素敵ですね。

引用元-3歳の言葉はどのくらいの目安で遅い?言葉が遅い原因や早く喋る方法 | 流行の情報をまとめてみた!

幼児の発達!4歳児の言葉の教え方

「ママ、聞いて!」おしゃべり大好き

自分の経験したことや思ったことなどが言葉で伝えられるのがうれしくて、とてもおしゃべりになる時期です。記憶力もしっかりしてきて、「あのね、今日ね……」と、ママやパパがいないところであったできごとを話す子も。まだ話は断片的で、現在と過去を混ぜて話してしまうことも多々ありますが、矛盾を問い正し過ぎるようなことはしないで、じっくり聞いてあげましょう。

言葉を使って、怒ったり文句を言ったりすることもできます。今までのように、伝えられないもどかしさが行動に出ることがだんだん少なくなって、対応しやすくなったと感じるママもいるでしょう。

「なぜ?」「どうして?」の質問攻めは前にも増して激しくなりそう。ときには、生意気な口のきき方や、「うんち」「おしっこ」「バカ」「うるせー」などの言葉を面白がって連発することもあります。大人や友だちの言葉、テレビなどを真似して、ママの反応を面白がっているのです。過剰に反応するのは逆効果。「そういう言葉は、よくないね」などとさらっと受け流しましょう。子どもは、その言葉の本来の意味を知って悪意を持って使っているのではなく、響きを楽しんで使っていることが多いものです。

引用元-【4歳児】言葉と身体の発達のポイント [子育て] All About

twitterの反応

 - 幼児期, 育児

ページ
上部へ