管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

発熱と関節痛から考えられる病気にはどんなものがある?

      2016/04/05

発熱と関節痛から考えられる病気にはどんなものがある?

これから寒くなり風邪をひいて熱が出たりすることも多い季節ですね。

風邪からの発熱で関節痛になる事はよく知られていると思いますが、風邪以外にも発熱と関節痛から考えられる病気も色々あります。

そんな発熱と関節痛の対処法や考えられる病気について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


発熱による関節痛とは?

●風邪などの発熱により発生する関節痛

ウィルスに感染することで発症する風邪などの場合、免疫機能が生理活性物質を発生させ、脳の発熱中枢を刺激し血管を拡張させ、発熱を促します。
この血管を拡張させることが、頭痛だけでなく関節や筋肉の痛みも伴うものとなり、発熱によって関節痛が発生する原因となるのです。

●関節の炎症時と酷似した状態に

原因はウィルスを退治するためのものでも、関節の血管が拡張し痛みを発生させるので、実際に関節を損傷し炎症が発生した場合と似たような状態となります。
そのため、感染したウィルスが強力であればあるほど、関節痛も重度の関節炎と同様のレベルまで悪化する可能性があります。

●原因となるウィルスを駆逐することが最善の解決策

発熱による関節痛は、幾ら関節に湿布やその他の応急処置を施しても、あまり意味がありません。それで痛みが和らぐとしてもそれは湿布などの鎮痛作用が少しだけ効果を発揮しているだけなのです。
湿布などの外用薬ならばともかく、鎮痛剤など内服薬となると原因となるウィルスに対して有効かどうかは素人判断は危険と言えます。
関節痛は重度であっても我慢し、原因であるウィルス退治を優先するのが最も最善の解決策となるでしょう

引用元-カラダノート

風邪による関節痛の対処法とは?

風邪による関節痛は免疫細胞の働きが原因ですので、痛みを止める処置を行うよりも、風邪を治すことに注力しましょう。風邪薬の中には、関節痛に効くものもあるので、そのような薬を選んでもいいでしょう。また、ペパーミントやラベンダーを配合したアロマオイルにも鎮痛作用があると言われているので、うまく組み合わせて試してみましょう。

関節痛のほか38度以上の高熱や全身のだるさがある場合は、インフルエンザに感染している可能性もあります。その際は、インフルエンザの治療によって関節痛が和らぎますので、医療機関を受診し抗インフルエンザ薬の処方を受けてください。

風邪によって起こる鼻水、熱、咳などの症状が治ったあとも関節の痛みだけが残るという場合は、膠原病(こうげんびょう)のように重い病気が隠れていることもあります。もし2週間以上続く場合は、医療機関で早めに相談することをおすすめします。

引用元-ヘルスケア大学

発熱と関節痛が辛い病気 インフルエンザ

痛みの原因!発痛物質プロスタグランジン!

インフルエンザウィルスが侵入してきたら、まず免疫細胞がタンパク質のサイトカインと言う物質を使って細胞に「ウィルスが侵入してきたぞー!」と伝達します。

その時に一緒に生成されるのがプロスタグランジンです。主にこのプロスタグランジンが痛みの原因となります。

インフルエンザの痛みは2種類あり、「炎症による痛み」と「筋収縮などによる痛み」です。

わざわざ痛みを出すプロスタグランジンを出すのは、プロスタグランジンにもインフルエンザウィルスと戦う大事な役割があるからです。

ここでのプロスタグランジンの主な働きは

・血液が巡るように血管を広げること。
・熱に弱いウィルスをやっつけるために発熱させること。
・サイトカインの過剰な分泌をおさえること

プロスタグランジンには血管を広げ発熱させて免疫細胞に活躍させたり、止血したりする役割があります。

発熱することでリンパ球を活性化させて増殖を防いだり、免疫反応を高めたりしています。

サイトカインの分泌を抑制させるのは、サイトカインは脳にウィルスの侵入を伝える大切な役割がありますが、過剰に出過ぎると臓器不全などを起こす場合があるからです。

関節痛を緩和する方法

インフルエンザの際の痛みを取るには2つの方法があります。

1.冷やすこと。
2.解熱鎮痛剤を使うこと。

※ 解熱鎮痛剤の中にはインフルエンザで使えるものと使えないものがあるので注意しましょう。

引用元-Dr.インフルエンザ

発熱や関節痛が初期症状の病気 膠原病とは?

膠原病はいくつかの病気の集合体

膠原病は、その字も難しく、どんな内容なのかわかりにくいといわれています。
わかりにくいのも無理はなく、膠原病という考えが提唱された当時は、医学会からもまったく理解されませんでした。 提唱したのは米国の病理学者であるポール・クレンペラーで、1942年のことです。

それまでは「病気は体の特定の臓器に存在するもの」と考えられていましたが、 膠原病は、体のいろいろな臓器に異変が起こる「多臓器疾患」という考え方で生まれました。

クレンペラーは、さまざまな臓器に脈絡もなく病変が起こって、 原因不明の病気で死亡した患者さんを詳しく調べました。

そして、人間の細胞同士を結びつけている結合組織の成分(膠原線維)や血管を検査してみたところ、 共通している病変があることを突き止めました。この病変は「フィブリノイド変性」と呼ばれます。

このように、膠原病とは、「膠原線維」という結合組織に病変が生じた一連の疾患群のことをいいます。 結合組織は全身のいたるところにあり、細胞へ栄養を供給したり、老廃物を排除するなどの働きと深く関わっています。 結合組織に炎症が起こると、さまざまな症状が現れます。

引用元-膠原病とは何なのか

発熱、関節痛の他に下痢などの症状がある病気 胃腸炎

■ 胃腸炎とは

胃腸炎とは、胃腸の粘膜にウイルスが感染して、炎症を引き起こす病気です。
胃腸炎のタイプにも2種類あり夏場の食中毒などは細菌性で冬場に多いのはウイルス性です。
特に冬場に発生する胃腸炎はお腹からくる風邪とも言われています。

原因となる主なウイルスはいくつかありますが一般的にはノロウイルスが最も有名なウイルスでしょう。

お腹の風邪はウイルス感染によって発生するのでウイルス性胃腸炎とも言われています。

引用元-医療のお悩み解決ブログ

■ 主な症状や風邪との違い

胃腸炎は主に、腹痛や下痢、発熱、嘔吐、関節痛などの様々な症状が発生します。
症状の期間は個人差がありますが半日〜3日程と言われています。
症状は、風邪と似ているためなかなか見分けるのが難しい病気でもあります。

ただ、風邪の場合は主に呼吸器系が炎症を起こしているのが原因なので主な症状は鼻水や咳です。

一方の胃腸炎の場合、炎症を引き起こしているのは腸なので鼻水や咳はでません。

引用元-医療のお悩み解決ブログ

■ 胃腸炎の治療法

ウイルス性の胃腸炎の場合は抗ウイルス薬などの特効薬はないので腸の粘膜が回復するまでの間極力、胃に負担をかけないことが治療法となります。

また、ウイルスを少しでも早く排出するためにも下痢止めは飲まないで体外へ出し切ってしまった方が

結果的に早くに治ることがあります。

ただ、嘔吐してしまうと喉の粘膜を傷つける恐れがあるのでできる限り嘔吐しないように安静にしていましょう。

気持ち悪くて食欲がない場合は無理に食べないほうが良いです。

引用元-医療のお悩み解決ブログ

twitterの反応

 - 医療・病気, 病気・症状

ページ
上部へ