管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

うつ病の原因は家庭環境が大きく関わっていた!

      2016/04/05

うつ病の原因は家庭環境が大きく関わっていた!

うつ病には様々な原因が考えられます。その中の一つに家庭環境があります。

普通に暮らしていても生活の中の変化が影響したり、幼少期の体験がうつ病の原因になったりするようです。

実際にどんなことが影響しているのか、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


うつ病は家庭や生活環境の変化も原因になる!

うつ病を引き起こす外的要因

よく言われる外的要因として「大きな悲しみ」を伴う出来事があります。

親や兄弟・姉妹など身内の死・友人の死、ペットの死、これらは心へのダメージが大きく、確かにうつ病を引き起こしやすい要因としてよく挙げられます。

ただ、実際は悲しみの出来事は共に悲しみを越えられる人の存在も多いことから、一時的な「抑うつ状態」で終わることも大きいのです。

ではその他にうつ病を引き起こしやすい外的要因にはどんなものがあるのでしょうか。

それは本当に個々で異なり…。「就職」「転職」「栄転」「昇進・昇格」などの仕事に関わる傍目には「良い出来事」もうつ病を引き起こす要因でよくある理由です。

仕事でのステップアップで、自分自身に過大なプレッシャーを与えてしまい、心が疲弊していくのです。

もちろん仕事に関しては「リストラ」「降格」「退職」といったこともうつ病の要因でよくある理由です。

仕事に関して述べると、プラスの出来事にしろ、マイナスの出来事にしろ、その事によって仕事がただのストレスの塊になってしまった時、うつ病への道が少しずつ開かれていってしまうようです。

ちなみに、仕事に関わらないうつの原因としては、「結婚」や「離婚」という人生のライフイベントによるものはやはり引き金として大きく、それに伴う「妊娠」「出産」も男女ともにうつ病の外的要因によくでてきます。

他には「マイホーム購 入」や「引っ越し」、「近所との付き合い」などなど、実は仕事関連よりその他の方が、うつ病の外的要因は多く、種類も様々なのです。

引用元-うつ病になりやすい環境にいませんか?なりやすさチェックをしましょう | うつ病の症状をチェック!

うつ病になる人は幼少期の家庭環境も原因!

現代のうつ病患者の中で、病気になってしまったのはその幼いころの家庭環境にある人は少なくない。どのような幼少期を過ごすと、大人になってからうつ病にかかりやすいのだろうか。

それは、「褒められすぎていた子供」として幼少期を過ごすことだ。よく「褒めて伸ばす」ということを聞くが、この言葉には危険が潜んでいる。できた時に褒める、という育て方は大切であるが、「できることしか与えずに褒めたおす」といった育て方をする、勘違いな親が存在するのだ。そういう親に育てられると危険なのである。

赤ちゃんの頃から、できなさそうなものは与えない。おもちゃも、教材も、遊びも、できそうなものだけさせて、当たり前にできたら褒めまくる。そのように育てると挫折を知らずに成長してしまう。学校に通うようになっても、本人ができなさそうなもの、挫折してしまいそうなものを避けて生きる癖がついてしまうので、そのまま社会人となってしまう。

しかし、社会ではどうしても避けられないことがたくさんあり、自分が人より出来ない、とか、人より効率が悪いなどといった「比較」をすることによって勝ち負けが生じてくる。そこで初めて挫折を味わうわけだが、対応策がないために精神状態がおかしくなり、うつ病を患ってしまうという道のりをたどるのだ。

引用元-家族がうつ病に…原因は幼児期からの家庭環境にある? | 血液検査でもうつ病と診断されない為のうつ病改善マニュアル-ほっとココロ-

子供のうつ病セルフチェック!家庭が原因?

子どものうつ病の危険因子

子どものうつ病には次に示すような危険因子があります。
いくつかの危険因子が重なりあうことで、発症のリスクが高まります。

うつ病の危険因子

・生まれつき気分が不安定になりやすい。
・家族にうつ病の人がいる。
・両親の離婚や虐待、親が病気など、家庭環境が不安定である。
・マイナス思考が強い。
・友だちができないなど、人間関係を気づくのが不得意。
・受験勉強や塾通いなどにストレスを感じている。
・親や教師から「何をやってもダメだ」など、負の評価ばかりされ、自信をなくしている。(参考:カフカに学ぶうつになりやすい親との関係)
また、このような環境の子どもは、自尊心が低い傾向があります。

自尊心が低い子どもはうつ病リスクが高い

自尊心が低い子どもはマイナス思考をしやすく、他人の評価を気にする傾向があります。また、些細な事で落ち込むなど、ちょっとした変化に影響されやすいナーバスな面を持ち合わせています。
このような子どもは「自己効力感」が低くなりがちです。
 
自己効力感とは、人が行動を起こすとき、「自分はできる」「やる能力がある」と思う感覚のことです。
自己効力感があることで行動力が生まれます。
自己効力感が低いと、「自分にはできない」と感じ、直面した出来事に尻込みしてしまったりします。
 
例えば、勉強をしたのに成績が悪かった子どもが、ひどく叱られたとします。
すると、今度は勉強する気がうすれ、もっと成績が下がり、また叱られます。
この負のスパイラルに陥ると、自分はだめだというマイナス思考から抜け出せなくなり、自己効力感も失っていきます。
やがて憂うつな気分が強くなり、うつ病へとなっていくリスクが高まっていきます。

引用元-うつ病になりやすい子どもの環境

うつ病の治療は?

十分な休養
休むことに抵抗や罪悪を感じ、何とか頑張って休まないようにしようと思いがちですが、うつ病が病気であることを理解し、医師に休むことをすすめられた場合は、思い切って仕事や家事や学校を休み、治療に専念しましょう。

薬物療法
抗うつ薬が薬物療法の中心となります。抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンという物質のはたらきを高めて、抑うつ気分を取り除いて気分を高め、意欲を出させ、不安や緊張、焦燥感を取り除く、といった効果を現します。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、三環系、非三環系といったタイプがあり、症状や状態によって使い分けます。
服薬を始めてすぐに効果が現れるわけではなく、一般に1週間から3週間の期間が必要です。通常、治療を始めてから2カ月から半年くらいである程度よくなりますが、症状が改善したあとも服薬を続けることが必要です。
再び悪くなるのを防ぐため、通常の生活に戻ってからも半年〜1年くらい治療を続けることがすすめられます。うつ病の再発率は高いのですが、効果が出た時と同じ量の薬を服薬し続けていると再発率が低くなります。
ですから、初めてうつ病になった場合には改善後半年から1年、同じ量の抗うつ薬を服用することがすすめられます。また、2回以上再発している場合などには、数年にわたって服薬することが望ましいとされています。

引用元-うつ病とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

うつ病患者と暮らす・・・家庭環境の作り方

うつ病患者の様子を、必要以上に気にして合わせることは、家族にとって大きな負担になります。なので、いっそのこと、そのままにしておいてあげてはどうでしょうか。
 
危機的な拒食でない限り、多少食事を摂らないくらいならそれで良いでしょう。朝起きれないなら、そのまま寝かせておいて下さい。アカシジア(上述)が起きて不安定になっているようなら、頓服を飲ませて、ゆっくり話を聞いてあげて、落ち着かせてあげて下さい。
 
ただ、回復傾向になってきたら、少しづつ、生活リズムを修正するよう働きかけて欲しいと思います。
 
そして、思うように行動できない本人に代わって、家族みんなで、うつ病の情報を集めて理解を深めて下さい。
 
うつ病患者がいると、一時的に家庭内が神経過敏になることがあります。ですが、腫れものに触るような態度は、かえってうつ病患者の居心地を悪くしてしまうので、できるだけ「いつも通り」であることが一番です。
 
気分転換にと言って、無理やり外に連れ出す必要はありません。それはかえって本人のストレスになります。放っておくのが、一番良いです。
 
「きっかけ」だけは与えてあげて下さい。インターネットの掲示板なり、薬の情報なり、同じうつ病の人の情報なり、何でも良いので、本人がうつ病と向き合うきっかけを、作ることができると良いと思います。

引用元-家庭環境の作り方 | 医者まかせにしないうつ病治療。うつ病の症状を克服した私の体験記

twitterの反応

 - 医療・病気, 病気・症状

ページ
上部へ