管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

未熟児の体重の増え方の目安ってどのくらい?

      2016/04/05

未熟児の体重の増え方の目安ってどのくらい?

予定より早く生まれたり、双子ちゃんや三つ子ちゃんなどで低体重で生まれる赤ちゃんがいますが、生まれた時から普通の赤ちゃんより体重が少ないので心配も多いと思います。

そんな小さく生まれた赤ちゃんの体重のことや赤ちゃんとの暮らしで気をつけたいことなどについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


小さく生まれると未熟児?

未熟児とは

「 未熟児」 の本来の意味は「 身体の機能が未熟な(成熟していない)状態で生まれた赤ちゃん」のことですが、かつて小さく生まれた(2,500g以下)赤ちゃんのことを「未熟児」と呼んでいた時期がありました。
しかし、小さく生まれた赤ちゃんでも身体の機能に問題がなかったり、反対に2,500gを超える赤ちゃんでも身体の機能が未熟であったりすることがあるため、出生体重だけではなく、ママのお腹のなかにいた期間(在胎週数)や妊娠期間に対する発育状況(体重)によって分類されるようになりました。
産婦人科や新生児科、小児科のお医者さんはこれらの分類を目安に赤ちゃんへの対策を考えています。

出生体重による分類

生まれたときの体重による分類では、2500g未満を「低出生体重児」と呼び、さらにそのなかで1500g未満を「極低出生体重児」、1000g未満を「超低出生体重児」といいます。
日本では出生数が減少しているものの、低出生体重児の数は毎年増加しています。全体の出生数に占める低出生体重児の割合は、30年前は出生の5%前後でしたが、現在は9.6%(2011年)にまで増加しており、世界平均の6.8%(経済協力開発機構34カ国)と比べても非常に高い数字です。
これは、不妊治療による双子や3つ子の赤ちゃんが増えたことや、新生児医療の進歩により、超低出生体重児の赤ちゃんも救出できるようになったことが大きな要因として挙げられます。

引用元-スモールベイビー.com

未熟児の体重の増え方が気になる時 母乳が大切

まず、ママは1滴でも多く赤ちゃんに母乳を飲ませられるように、がんばって。小さく生まれた赤ちゃんは、消化呼吸機能が未熟なことが多いので、ミルクに比べてリパーゼも含まれ、たんぱく質や脂肪が消化呼吸しやすい母乳の方が良いのです。

また、早産の場合は、胎盤を通じてママからもらう免疫が十分でないので、免疫物質を多く含んでいる母乳の方が感染症にかかりにくいというメリットがあります。

初産の場合は、赤ちゃんに吸われても母乳がなかなか出ない、という場合が多いので直接赤ちゃんが吸ってくれない分、さらに大変かと思いますので、次のコツを参考にしてみてくださいね。

① 母乳を飲ませてあげるんだ、とがんばる気持ちをもって根気よくチャレンジしてください。
② ママが先に退院してから、できるだけ赤ちゃんに面会したり、赤ちゃんの写真をみるようにして。
使い捨てのカメラなら消毒できるので、保育器の中の赤ちゃんの写真を撮ることができます。または看護婦さんに相談してみてくださいね。
③ 少ししか出なくても3時間おきに搾乳してください。新生児の授乳間隔は約3時間です。赤ちゃんが退院したときにママの体が赤ちゃんの授乳感覚に対応できなくなっていては大変ですから。
④ 出にくいときは助産婦さんや産科で母乳マッサージをしてもらってください。
搾乳した母乳は母乳バッグで冷凍し、病院では授乳時間ごとに解凍して飲ませます。ママが退院してからは母乳を病院に運ぶのは、パパの大切な役目になりますね。

引用元-小さく生まれた赤ちゃん(未熟児の赤ちゃん)の育て方

未熟児の体重の増え方などの成長は修正月齢で判断を

NICUを退院してからの未熟児の成長は?

NICUを退院してから赤ちゃんはどのように成長していくのでしょうか?まずはそのためにも修正月齢について知りましょう。

修正月齢とは

修正月齢とは、37週未満で生まれた赤ちゃんの成長を見ていくための月齢と考えていただけたら分かりやすいと思います。

例えば予定日よりも3ヶ月早く生まれた場合には、マイナス3ヶ月で月齢を計算していきます。この場合、生後3ヶ月の時に修正月齢で0ヶ月とされ、月齢は3ヶ月でも成長の度合いは0ヶ月と同等という形で見ていきます。

同様に生後6ヶ月の場合には修正月齢3ヶ月となり、生後3ヶ月の成長から著しく離れていないかをチェックするといった形になります。

退院後の未熟児の成長はおおよそ修正月齢どおりに成長していく

退院後の未熟児の成長について気になりますよね!NICU退院後の未熟児の成長はおおよそ修正月齢どおりに成長していきます。

一般的に首のすわりは生後3ヶ月頃と言われているので、3ヶ月早く生まれた未熟児の場合ですと生後6ヶ月ごろ(修正月齢3ヶ月ごろ)に首のすわりはじめるといった具合になります。

ただ、未熟児は少し発達が遅めともいわれていますので、修正月齢よりも発達が少し遅いからといって心配しすぎず、その子のペースだと思って見守ってあげてくださいね。

引用元-mamari

未熟児の体重の増え方は元気に育っていればあまり気にしなくて良い

元気に育っていれば問題ない、と思える気持ちは大切

身長や体重などの成長が順調かどうかは、健診で測定された測定値が成長曲線内に入っているか否かで判断されます。わずかでも前回から体重や身長が上昇していれば、問題ないと捉える医師や相談員の方もいます。成長曲線に心配がある場合、修正月齢をみるようにしましょう。

出生時の体重にもよりますが、たいていの低出生体重児は発達に何かある場合を除いて、3歳頃までに成長曲線内に入るといわれています。3歳頃までが成長の目安といえるでしょう。

長女は、退院後の1か月、4か月、1歳健診時に、身長・体重を測定した際、成長曲線がラインの下であることを指摘され、再健診となったり、その都度栄養指導を受けました。

母乳育児の場合、体重増加が少ないと不安になります。母乳だけあげていても、母乳の出に対して哺乳量が足りない場合はミルクを足すよう言われるかもしれません。しかし、母乳は病気から守ったり、赤ちゃんの成長にとって大切な栄養です。母乳の回数を増やしたり、搾乳してあげるなど工夫をしながら、母乳育児を維持していけると良いでしょう。

1歳半健診後、3歳までは健診がない場合もあります。成長に不安があるようなら、定期的に計測しグラフ化して見ることで、どのくらい成長しているのかを知ることができます。

母乳を飲む量が少なかったり、離乳食を食べる量や進み方が気になるようであれば、助産師、栄養士などの専門的な知識を持つ人に相談し、一人で不安を抱えないようにしてくださいね。

引用元-パピマミ

小さく生まれた赤ちゃんとの暮らしで気をつけるポイント

お部屋の温度管理が大切です

小さく産まれた赤ちゃんにとって、体温低下は大敵です。特に冬場に退院する場合は、注意が必要です。赤ちゃんを迎えるお部屋は、室温の管理がしやすい場所にしましょう。風の通りやすい窓の下やドアの側は、温度が低くなります。特に冬の夜間は、雨戸やカーテンを閉めても窓の下はとても冷えます。注意しましょう。

病院から湯たんぽの使用を指導されることもあります。湯たんぽは、必ず毛布やタオルで二重に包んで、赤ちゃんの体から30センチほど離して置きましょう。決して肌に触れる所に置いてはいけません。また電気アンカや電気毛布は、危険なので使用しないようにしましょう。

足の裏に非常に汗をかくので、就寝時はくつしたをはかせない方が健康的です。その代わり、足の出ないおくるみやスリーパーなどで、充分保温しましょう。頭が外に出ていると体温が逃げるので、小さなニットの帽子をかぶせてあげると良いですよ。

上手な暮らしのコツ

お風呂も注意が必要です。お風呂場が寒い場合は、温かい部屋にシートを敷いてベビーバスを置き、入浴させるとよいでしょう。慣れない間は手間もかかるので、暖かい昼間や、お手伝いがお願いできる時間に入れるなど、工夫するとよいですね。

深夜の授乳も寒いので、部屋を暖めたり、おくるみで包んであげるとよいでしょう。湯たんぽを包んでいたタオルでスリーパーごとくるみ、おむつも一緒に温めておくとよいですよ。ママも風邪を引かないように、十分注意してくださいね。

引用元-MARCH

twitterの反応

 - 新生児・乳児期, 育児

ページ
上部へ