管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

9ヶ月頃の離乳食のコツ!手づかみ食べが始まる頃のすすめ方

      2016/04/05

9ヶ月頃の離乳食のコツ!手づかみ食べが始まる頃のすすめ方

9ヶ月頃の赤ちゃんはだいぶん離乳食も進み食べることが楽しみになってくる時期ですね。

食べることが楽しみになると次は自分で食べたがるようになってきます。

ママには少し大変な時期かもしれませんが手づかみ食べできるレシピを覚えておくといいですね。

9ヶ月頃の赤ちゃんの手づかみ食べについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


生後9ヶ月頃の赤ちゃんの成長は?

生後9ヶ月の身長

生後9ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は、67〜77cmです。女の子や小柄な赤ちゃんの場合は66〜74cm程度です。

1ヶ月であまり身長の伸びが見られない赤ちゃんは、パパやママが不安になってしまいます。ちょうどこの月は身長が伸びない時期だったというだけです。トータルで考えると、これからもっと身長は伸びるので見守ってあげましょう。

引用元-子育て情報 いくじ

生後9ヶ月の体重

生後9ヶ月の赤ちゃんの平均的な体重は、8.0〜10.5kgです。女の子や小柄な赤ちゃんの場合は7kg前後の場合もあります。

体重は動きの活発さで個人差が目立ちます。平均値はあってないようなものだと参考程度にみてください。楽しそうに過ごして、睡眠や離乳食に問題がなければ大丈夫です。

もしも低体重が気になる時は、1歳検診を待たずに小児科に相談して適切なアドバイスを受けてください。

個人の判断で授乳量を増やしたり、離乳食を無理にたくさん与えることの無いようにします。特に体重を増やすために、おやつやカロリーの高いものを与え過ぎると、赤ちゃんの未発達な消化器官はダメージを受けてしまいます。

引用元-子育て情報 いくじ

9ヶ月頃から離乳食の手づかみ食べ、遊び食べが始まる

赤ちゃんの手づかみ食べはいつから?

赤ちゃんが手づかみ食べを始める時期には個人差がありますが、離乳食に慣れてきた頃の生後9ヶ月頃が多いです。手づかみ食べは無理に止めさせる必要はありませんよ。手で食材の形を確認するのも発達段階において大切なことです。赤ちゃんが手づかみで食べやすいような大きさで離乳食を用意してあげましょう。

赤ちゃんが離乳食で食べられる固さは?

離乳食がスタートする6〜8ヶ月頃に、授乳をはさみながら1日2回という食事のリズムを少しずつ整えていきましょう。この頃の赤ちゃんは舌で潰せるくらいの固さのものが食べられるようになります。固さの目安としてはもめん豆腐程度です。

生後9〜11ヶ月頃になるとあごの発達で噛む力がだんだん強くなり、バナナくらいの固さであれば食べられるようになります。味覚も発達してくるので、ママの料理の腕の見せ所ですね。

赤ちゃんの遊び食べとは?

生後9〜11ヶ月頃は離乳食の進みに個人差が出てくる時期で、自分から積極的に食べようと意欲を見せると同時に遊び食べも始まります。遊び食べとは、離乳食を床に落とす、机の上に投げて汚すなど食べ物で遊んで、食事中にイスを降りて遊びながら食べたりすることです。特に1歳〜1歳半頃の乳幼児に多くみられる行動です。

引用元-こそだてハック

手づかみ食べが始まる9ヶ月頃の離乳食のすすめかた

1)手づかみ大好き!

9ヶ月の頃は手づかみで食べるのが大好きです。手づかみをしながら指先で食材の固さや形などを感じ取り、自分で口に運ぶことによって味や香りなどをより味わえるようになります。離乳食を進める中でとっても大切です。
手づかみが始まったら、プラスチックやビニール製の下にポケットがついたエプロンが便利ですよ。

2)1日2回の離乳食を定着させよう

9ヶ月位になると、離乳食の進み方にも赤ちゃんの個性が出てきます。食べる事が最優先の子や楽しい遊びに夢中だと離乳食に見向きもしない子、沢山食べる子、量は少ないけれど初めての食材にもどんどんチャレンジする子など様々です。同じママから生まれた兄弟でも全然違うから不思議です。
そんな9ヶ月は、離乳食後期への準備期間として1日2回の離乳食が安定して食べられるように赤ちゃんと頑張りましょう。
もちろんどんどん食べる子は3回食へステップアップです!

引用元-cuta

3)そろそろストローとコップの練習にもチャレンジ!

ストローの練習は、パック入りの飲み物のストローを赤ちゃんにくわえてもらい、ママが横の部分を押して液体を口の中に入れてゴックンを繰り返していると、赤ちゃんが吸うと出てくるというコツをつかんでくれます。
コップの練習は、少しだけ水を入れたコップをママが一緒に持って傾けてあげて、ゴックンの練習をします。けっこう難しくて最初はこぼれちゃいます!だんだんと傾ける加減がわかってきて自分でできるようになります。
ストローもコップ飲みも出来るようになると外出の時の水分補給がとっても楽になりますよ!

引用元-cuta

9ヶ月頃の手づかみ食べおすすめ離乳食レシピ 【いももち】

材料

じゃがいも 3個くらい
片栗粉 大2〜
サラダ油 少々

作り方

1.じゃがいもの皮をむき、薄めに切って水にさらしておきます。
2.鍋にじゃがいもがひたひたになるくらいの水を入れて、火にかけます。じゃがいもが柔らかくなるまで茹でます。
3.じゃがいもが潰せるくらい柔らかくなったら、水を捨てます(*1)。
4.熱いうちにじゃがいもをマッシャーなどで潰し、しばらく置いておきます。粗熱が取れたら片栗粉を混ぜます(*2)。耳たぶくらいの柔らかさになるよう調整し、食べやすい大きさに成形します(*3)。
5.熱したフライパンに油をひき、キッチンペーパーなどで伸ばしつついらない量を拭き取ります。4を並べ、焼き色がついたら裏返して両面焼き色がつくまで焼きます。

引用元-うまめし

ポイント

*1 じゃがいもの水分の切り方
私は水を捨てたあとまた火にかけて、残っている水がブクブクしたら火を止めて余熱で水分を飛ばします。粉ふきいものイメージです。

*2 片栗粉を入れるタイミング
片栗粉はあまり熱いうちに入れるとダマになったりうまく混ざらなかったりします。いもを潰したらひとやすみしてから片栗粉を入れてください。

*3 大きさに注意
あまり小さすぎると丸飲みすることがあるので気をつけてください。うちでは100円玉と500円玉の中間くらいの大きさで作っています。それでも丸飲みして苦しそうにしていたこともありました。
成長に合わせて大きさを変えるといいでしょう。歯が生えたらかみちぎれるように大きめサイズにするとか。
くれぐれも詰まったりしないよう、食べているときは大人が見守ってあげてくださいね。

引用元-うまめし

手づかみ食べにはいいこともいっぱい!

許容できる範囲内で自由にやらせてあげよう

手づかみ食べはとても汚れるので、ママにとっては内心「させたくない」ことかもしれませんが、赤ちゃんの発達上、「させない」ということはまず無理です。ママは「汚れるのはイヤ」という気持ちを出してもいいのですが、赤ちゃんに無理を強要するのはよくありません。お互いがストレスなくできる範囲を決めて、楽しく手づかみ食べができる環境を整えましょう。

引用元-Baby-mo Pre-mo

手づかみ食べは生きる基本

歯学者の向井美惠さんによると、手づかみ食べは“目と手と口の協調運動”で、子どもの発達段階において、とても重要な行動だそうです。

目で大きさを確かめ、手で硬さや温度を知り、どのくらいの力を加えるとつぶれるのかということも体験できる。そして、食べこぼしたり、口に入れすぎたりしながら徐々に自分に適した一口量を調整することを覚えていく、これは生きていくための基本となる行為とのことです。

また、手づかみにより「自分で食べれた!」という自立を促す体験をさせてあげると、自然と食べることが好きになっていき、スプーンやお箸への移行がスムーズになるそうです。

スプーンをうまく扱えない子どもの多くは、この「目と手と口の協調運動」をしていない事が要因にあげられる為、まずは手づかみ食べを暫くさせてあげるとよいかもしれません。

引用元-It Mama

twitterの反応


https://twitter.com/riatokun/status/678133260694646784

 - 育児, 離乳食・食事

ページ
上部へ