管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

仕事のミスで解雇される可能性は?

      2016/04/05

仕事のミスで解雇される可能性は?

仕事でミスをする時は、社会人であれば誰もが経験したことがあるはずです。

どうやって謝ればよいのか、もしかして解雇されるのでは・・・と不安が募るものです。

どんなに気をつけていても人間、完璧ではありませんし、ある程度仕方のないこともあります。

失敗が仕事に影響するかといえば、間違いなく影響はするでしょう。

自分の仕事が増えるのはもちろん、他の関係者に迷惑をかけたり、上司からの叱責なども受けることもそう珍しいことではありません。

そういった場合には誠心誠意対応することが必要です。

ここでは、解雇になってしまった人の例や、解雇される対象の事例などをまとめてみました

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク



場合によっては・・・仕事のミスで解雇になる?

失敗が原因でクビ(解雇)になる可能性は低い

仕事で失敗をした場合、それが原因してクビになるケースは、実際どれだけあるのでしょうか。

実のところ、失敗が原因でクビになるケースはそれほど無いといわれています。仮に大きな失敗をしてしまっても、

その後のリカバリーが丁寧で誠意あるものであれば、クビにまではならないことのほうが多いそうです。

中には謹慎や減俸といった処分を受けるケースもありますが、それでもクビにならずに仕事を続け、

後の仕事で挽回している方もたくさんいます。

法に触れてしまった場合はクビ(解雇)になる可能性がある

仕事で大きな失敗をしてしまい、クビになってしまうケースはほとんどありませんが、

中には実際にクビになってしまった方もいます。例えば犯罪行為を犯してしまった場合は問答無用で

クビになってしまうこともありますし、何度も同じミスを繰り返すなど、業務をこのまま続けられないと判断されたことで、

残念ながらクビになってしまったケースもあるといいます。

引用元-キャリアパーク

たった一度の仕事のミスで解雇?あきらめる前に相談

解雇と退職勧奨との違い

解雇とは、会社のような使用者が、労働契約(雇用契約)を一方的に解約することです。

このように使用者が一方的に解約するという点で、労働者に対して合意解約ないし一方的解約(辞職)としての退職を勧奨する「退職勧奨」と異なります。

両者の区別の基準は、主に使用者が雇用契約を一方的に解約する旨の意思表示である「解雇の意思表示」の有無です。具体的には、日付けを区切ったうえで労働契約を解約する旨を通告したのかが、決め手になります。

なお、退職勧奨に応じて退職届にサインしてしまった場合、労働審判や裁判において解雇の意思表示があった旨を証明することはほぼ不可能です。

ある程度労務管理されている会社はそのことをわかっていますので、「解雇だと君の経歴に傷がつくから、自分で辞めた方がいいんじゃない?」などといって退職勧奨をすることが多々見られます。

そのような場合に自主退職する意思がないのでしたら、退職届にサインをしないことに尽きます。

引用元-平松剛法律事務所

仕事のミスによる解雇をめぐる争い

解雇に関するもっとも重要な法律条項といえば、労働契約法16条です。

労働契約法16条は

解雇は、客観的に合理的理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とする

と規定しています。

では、そもそも、なぜ、このような規定が設けられているのでしょうか。

仮に対等な人間同士による契約であれば、一方が契約の解約を希望した場合には、特段の制約なく契約が終了するとすることもありうるでしょう。

しかし、仕事を失うということは、働く人にとっては生活の基盤を失うという意味で極めて重大な打撃となります。

雇用契約の終了によって労働者が被る不利益は、労働者が一人辞めたという場合に会社が受ける不利益とは比較にならないほど大きいのです。

そこで、労働者を保護する観点から、裁判例上、解雇について「客観的合理的理由」と「社会的相当性」が要求され、これらが満たされない場合は無効、すなわち解雇としての効力が生じないとされるようになりました。

労働契約法16条は、このような裁判例を通じて形成されてきた考え方を、そのまま取り入れて作られた条項です。

「客観的合理的理由」と「社会的相当性」の具体的な判断方法については後ほど詳しく説明しますが、まずは、このような条項があることを頭に入れて頂ければと思います。

引用元-労働法律相談@名古屋のご案内

解雇にもいろんなケースがあります

人員整理をしないと経営が成り立たない場合

人員整理といっても単にコスト削減などといった安易なものではなく、手を尽くして解雇防止の努力をしても、業務縮小が避けられない場合などには正当な理由として認められます。

ただし、特定の労働者を解雇するために「会社の業績が悪い」というだけの曖昧な基準では正当な理由と認められません。

労働者を解雇する場合は、その基準が明確であり、全ての労働者に公平に適用される必要があります。

懲戒解雇に相当する場合

会社のお金を横領したとか、大きなミスで会社に大損害を与えたとか、全然会社に出勤せず連絡も無いとか・・・・この様な場合は客観的に見て解雇されても仕方ないと言えるでしょう。

ただし、社会的に見て好ましくない行動をとったとしても、それが会社の業務と全く関係無い理由(プライベートでの交通事故など)では、懲戒解雇の理由としては成り立たないと判断される場合もあります。

安易な発言・返事は危険

「君はクビだから」
と言われた時に簡単に「わかりました・・・」とか「こんな会社こっちから辞めてやる!」というように同意したと誤解されるような発言をしないように気をつけましょう。

契約の解除に同意したと見なされて、会社と争いになった場合に不利な証拠として利用される可能性があります。

特に退職届などは絶対に書いてはいけません。
「解雇という形だと再就職に響くから・・・」などと提出を促される事がありますが、納得できないのなら絶対に同意せず、逆に解雇の理由を文書で請求しましょう。

ちなみに会社は、労働者が求めた場合は解雇理由を文書で伝えなければならないことになっています

引用元-労働基準法違反を許すな!労働者

ミスをしてしまう人の5つの特徴

「集中すべき場面を見極めていない」

ヒトの集中力は最高でも1時間持続させるのが限界と言われている。全ての仕事に労力を費やすのではなく、手を抜ける場面では手を抜く。すると多少繊細さに欠けても処理能力は高い人という印象を周りに与える。

「ノートや手帳にメモをとらない」

これは常々言われていることだが、「基本忘れるべからず」は大切なこと。自分の記憶というのは当てにならないもので、ケアレスミスの防止には欠かせない。また、タスクの管理漏れを少なくしようという姿勢の現われも伝わるだろう。

「何かする前に確認をしない」

メモ同様、再確認というのはミスを少なくするためには大切だ。目の前の仕事をやるべきか悩む時間があったら、上司に確認した方が早い。あまりクドクド質問するのはおすすめしないが、自分勝手に進められるよりはマシだ。

「視野が狭く、周りが見えていない」

仕事のできる人は常に周囲を見渡しており、仕事のプロセスが頭に入っている。全体像を把握してはじめて細かい気配りができ、自己中心的には陥らない。また、人のノウハウや行動を観察して、自分のものにすることができる。

「語尾がはっきりしない」

語尾をあいまいにせず、しっかりと言い切る人は仕事ができる。自分のすべきことを理解している人は、あいまいな表現を使うことはない。性質上、これは上記の4つを克服した上ではじめて実践できるとも言える。

引用元-瓦版

ミスの主な原因とは?

人為的なミスが発生する要因について主な理由をあげてみます。

技量不足
作業が難しすぎた

記憶力不足
覚えることが多すぎた

慢心
慣れた作業で慢心し、手を抜いた。

不注意
作業の緊張が足りず、見逃した。

緊張過剰
締め切りに迫われ、短絡的な行動をした。

自己誇示欲
格好つけようとして、わざと危ない行為をした。

機械の問題
機械の操作が紛らわしい。

これらの理由からミスが発生するのは確かですが
人間の間違いは上記の理由だけでは説明がつかない場合があります。

人間のミスは、明確に説明出来ない場合もあり
普通に考えればありえないような原因でミスが発生する場合があります。

引用元-REALBEING

ミスを未然に防ぐために…

精神的に疲れている

仕事がうまくいっていない、周りとうまくいっていない等ストレスがある状態で仕事をすることでミスが多くなることがあります。きちんと確認するという作業は心にゆとりがないとなかなかできないものです。

精神的に疲れていると、仕事のスピードも落ちますし、ミスも目立つようになります。

こんな中でももちろん仕事をしていかなくてはいけません。自分で精神的に疲れていると感じたら、積極的にリフレッシュすること、疲れを取ることをオススメします。

また、仕事では、誰かにチェックをしてもらうなどミスを未然に防ぐための対策をすることもオススメです。
一人では対処できない場合は誰かの手を借りましょう。

チェックが出来ない注意力散漫な状態

注意力が散漫になっていることという時もあります。例えば眠気があるとき、疲れがたまっているとき、風邪気味等の体調不良の時などです。こんな時は無理をせずに誰かにきちんとチェックをしてもらいましょう。

または難しい仕事などは誰かにお願いするようにして、自分の状態が良くなるまでは軽い仕事をするという方法もあります。

注意散漫になる時というのは、一時的な場合が多いですが、疲れがたまっていたりするとなかなか抜け出せなかったりします。

注意力散漫な時は、温かい飲み物や炭酸飲料を飲む、何か甘いものを少し食べるなどすると集中力を戻すことができますので、一度試してみてください。

引用元-そっか〜(人´∀`)

twitterの反応

 - 仕事, 法律

ページ
上部へ