管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

インフルエンザの検査で陰性なのに高熱が続く原因とは

      2016/04/05

インフルエンザの検査で陰性なのに高熱が続く原因とは

高熱が出てインフルエンザの検査をしたのに結果は陰性だった。

こんな経験ありませんか?

その後、熱が下がれば問題ないですが高熱が続いた場合どのようなことが

考えられるのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


インフルエンザの検査方法とは?

インフルエンザを発症した場合、インフルエンザ治療薬は48時間以内に服用する事が効果的であるため、すぐに検査に行く事が必要です。

引用元-minacolor

インフルエンザの主流の検査法:迅速診断法

インフルエンザの検査というと、鼻の奥まで棒を突っ込まれる検査をイメージする人が大多数かと思いますが、それがこの「迅速診断法」です。

鼻や喉の粘膜を検出キットで採取し、インフルエンザウィルスがいるかどうかを調べます。
鼻の奥に綿棒を突っ込まれるのを嫌がるお子さんもいるかと思いますが、その場合は鼻をかんで採取した「鼻水」でも検査出来るキットがありますので、医師に相談してみて下さい。

迅速診断法は検体を採取してから8〜15分で結果が分かります。
インフルエンザ治療薬は発症してから48時間以内に服用する事が基本ですので、すぐに検査結果が分かるこの迅速診断法が現在主流となっているわけです。

また、高度な技術を必要としないため、内科・小児科・耳鼻咽喉科など、一般の医療機関で手軽に検査ができ、健康保険も適用されるので格安で検査を受ける事が可能です。

引用元-minacolor

高熱でも時間がたたないとインフルエンザの検査は陰性になる

インフルエンザは検査で陽性になるまで、発症から時間がかかります。

インフルエンザは発症しても検査結果が陽性になるまで時間がかかるため、検査するタイミングは医師と相談してみるようアドバイスがありました。

インフルエンザの検査を受けるときは発症から12時間〜24時間を経過していないと陰性、あるいは偽陽性になる事があります。意識混濁や痙攣があるなど緊急時でない場合、発症からどのくらいの時間がたっているかを医師に伝え、検査のタイミングに関して医師と相談するのが良いと考えます。(看護師)

インフルエンザの検査は、発熱といった症状がでてから12時間が過ぎてからでないと陽性がでないので、検査のタイミングとしては発症から12時間以上が経過してからが良いのですが、遅すぎてもよくありません。インフルエンザだとわかったときには抗インフルエンザウィルス薬の内服を開始しますが、この薬は、発症から48時間以内に内服を開始しないと効果がないと言われています。なので、検査を受けるタイミングは発症から12時間以後、48時間以内というのがベストだと考えられます。(整形外科看護師)

引用元-イクシル

インフルエンザの検査が陰性でも高熱が続く!再検査は必要?

実は、インフルエンザの検査結果は、100%確実ではありません。

鼻に綿棒のようなものを入れてする、ちょっと痛い検査ですが、採取した鼻水のウィルスの量によって、陰性か陽性かが表示される仕組みになっています。

つまり、インフルエンザに感染していても、採取した鼻水にウィルスが少ないと、陰性と表示されてしまうのですね。
偽陰性」と言われています。

特に、発熱などの症状がでてからの時間が短いと、偽陰性となる確率は高いそう。
陰性と検査結果が出たけど、翌日や翌々日に再検査をしたら陽性になった、ということも実際にあります。

それならば、陰性になっても高熱が続いたら再検査をして、「陽性→インフルエンザ用の薬を処方してもらう」という選択肢もとれると考えますよね。

ですがそれには問題があって、インフルエンザ用の薬は発症(発熱など)してから48時間以内に飲まないと効果がないとされているのです。

また、健康体の人であれば、インフルエンザ用の薬を飲んだとしても、1日ほど解熱を早めることができる程度だとも言われています。

これらのことをふまえると、インフルエンザの検査結果が陰性だった場合、翌日に再検査をする、もしくは再検査はしないという方法が、良いのかもしれませんね。

引用元-ヘルシースタイルnavi

インフルエンザの検査は陰性でも高熱などがある場合は?

検査で陰性反応がでたものの、インフルエンザの疑いがある場合は抗インフルエンザ薬のタミフルやイナビルなどを用いることがあります。

インフルエンザの簡易検査は確実な検査精度を持っているわけではない為、保険で抗インフルエンザ薬を処方薬に出しておこうという考えです。

イナビルやタミフルといった抗インフルエンザ薬を投与すべきかは直接患者をみた医者が判断します。

患者自身にインフルエンザに感染した心当たりがあったり、感染者が急増している地域などでは保険で投与するケースがあります。

引用元-インフルエンザ症状予防

検査キットで陰性だけど
・38度以上の高熱がある
・周りにインフルエンザ感染者がいる
このようなパターンで発熱後24時間以内ならば陰性でもインフルエンザが疑われます。
このことから、陰性でもインフルエンザの可能性が高いのでタミフル服用ということになることがあります。

このことをタミフルの予防内服と言われます。
インフルエンザ感染の可能性と予防の意味を含めたタミフルの服用ということになります。

基本的にはこのようなタミフルの予防内服をする場合は医師からの説明があるはずです。

引用元-インフルエンザの症状と治療方法について

インフルエンザに似た症状と高熱が出る病気(体験談)

インフルエンザと似た症状の病気に『アデノウイルス感染症』があります。

アデノウイルス感染症は、軽い風邪症状から重症の扁桃腺炎、肺炎、結膜炎、嘔吐下痢症など
様々な病気を引き起こします。
代表的な疾患には咽頭結膜熱(プール熱)、流行性角結膜炎(はやり目)があります。

この咽頭結膜熱(プール熱)がインフルエンザの症状に似ています。

引用元-主婦に役立つ話

うちの場合は高熱と全身倦怠感、悪寒、頭痛、咽頭炎、筋肉痛、関節痛があり
家族では「インフルエンザ」だろうと病院に行きましたが、結果は【陰性】でした。

発熱から早すぎたのかなと思いましたが、土曜日の夜に行った急患センターの先生は解熱剤と抗生剤を処方して、熱が高かったら、休み明けにかかりつけの病院に行くよう言われました。

休み明けにかかりつけの病院で、先生がのどをみて「これはアデノウイルス感染症」と診断されました。
最近は大人の人も感染して、1年中検査をしているそうです。

結膜炎の症状がないので、咽頭結膜熱(プール熱)と言われてもピンときませんが
とにかくのどの痛みがひどかったです。

引用元-主婦に役立つ話

twitterの反応


https://twitter.com/nyohosakana/status/694488314347282432


https://twitter.com/Nyamka0616/status/693340980854988800

 - 医療・病気, 病気・症状

ページ
上部へ