管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

子供が大腿骨を骨折!原因や治療法などについて

      2016/04/05

子供が大腿骨を骨折!原因や治療法などについて

スポーツや遊びの中、交通事故などで子供が骨折することがあります。

大腿骨の骨折というのはどのようなものかご存じでしょうか?

子供のこととなるととても心配ですしきちんとした治療法で完治させたいですよね!

大腿骨骨折の原因や治療法などについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


子供が大腿骨骨折!大腿骨って?症状はどんな感じ?

大腿部とは、いわゆる“ふともも”のことです。
触ってみると分かりますが、ふとももには太い骨と筋肉が付いています。
特にヒトの場合は、上半身を支え、かつ歩行するのに使う重要な部位です。
ふとももの損傷は、筋肉などにも起こりますが、骨折する場合もあります。
もし骨にひびが入ったり折れたりすると、たいていの場合、痛みがひどくて歩くことができなくなります。

ふとももに入っている骨は「大腿骨」といい、股関節と膝関節の間にある長いもので、四足または二足で歩く動物のほぼ全てにあります。
ヒトをはじめ哺乳類の身体にある骨の中では最も長く、また体積も大きいものです。

引用元-リハビリ.net

大腿骨骨折とは

大腿骨骨折とは、外的に加えられた衝撃によって骨が折れてしまう外傷のことです。
大腿骨は、人間の体内に存在する骨の中でも特に大きな部位であるため、骨折に至るには、大きな力が必要となります。

大腿骨骨折の症状

大腿骨骨折を引き起こすと、大腿骨患部に強烈な痛みを生じます。
そのため、歩行など脚を動かす動作は難しくなり制限されます。ま
た、患部に由来する筋肉に異常をきたすため、見てすぐに分かるほどの変形が現れることが特徴です。
  
痛み以外の主な症状としては、皮下出血が顕著に見られます。
膝窩動脈損傷も同時に起こしている場合には、足からの脈拍が感じられなくなったり、足の指が青く変色したりしてしまうなどが確認され、神経麻痺を引き起こした場合には、足の指などが動かせない状態に陥ってしまうことがあります。

引用元-Doctors me

子供に多い大腿骨骨折の治療法は?

〈小児(15歳以下)に多い骨折/下肢〉大腿骨骨折の治療法

検査と診断

局所の症状で診断は容易です。X線写真で骨折部位、骨折型、転位の程度を調べます。

〈小児(15歳以下)に多い骨折/下肢〉大腿骨骨折の治療の方法

小児の骨折の特徴が最も発揮される部位です。
骨癒合が良好で、変形がよく矯正され、1cmまでの短縮は自家矯正が可能なため保存療法を行います。

長期間ベッド上で固定されても全身的な合併症や関節の拘縮が起こらないので、年齢に合わせてベッド上でいろいろな牽引療法を行います。
2〜3歳以下はブライアント牽引といって、垂直に両下肢を牽引します。
ラッセル牽引は股関節を30度曲げた位置にして牽引し、3〜8歳児に行います。
ウエーバー牽引は股関節と膝関節を90度曲げた位置にして、2〜12歳児に行います。

応急処置はどうするか

副木をあて骨折部が動かないようにします。大量出血が予想され、さらにほかの部位に損傷を合併することがあるので、体を起こさずに横にしたまま運びます。

引用元-QLife

子供の大腿骨骨折のリハビリ期間はどのくらい?

●一般的には3-4か月

大腿骨近位部骨折のリハビリにかかる時間は、手術をしてから大体3-4か月と言われています。
最初の1か月でベッドから起き上がって、次の1か月で徐々に体重をかけて立ち上がり、最後の1-2か月で歩行訓練、というイメージをしてみてください。
確実にその期間内でこのような変化がみられるということではありませんが、流れとしては起き上がる→立つ→歩く、となっています。

引用元-カラダノート

●若い方が回復は早い

同じ部位の大腿骨近位部骨折をしたとしても、やはり若い方の方が回復は早いと言われています。
というのも、体力があるのはもちろん、筋肉の回復速度やもともとの筋肉量の影響も考えられます。
年を取ってくるとそれだけ筋肉が落ちている方が多いので、筋肉痛からリハビリが思ったように行かないケースもあります。

引用元-カラダノート

●最終的には半年くらいでしっかり歩ける!

3-4か月で歩けるようになって退院したとしても、しっかりと歩けると言えるのは半年くらいからと言われています。

引用元-カラダノート

大人より子供の大腿骨骨折のほうが治りが早い?

子供の場合は回復が早いって本当?

子供の場合は大人と違って、

  • 骨を覆っている『骨膜』が厚いので頑丈
  • 骨の中に空洞があり柔軟性が高い

という特徴があるので、骨の結合など回復力や治癒力の面では大人より優れているというのは事実です。

実際、『ギブスなどで固定した期間=リハビリ期間』という事が多いですが、ギブスの期間が長くなるとリハビリが必要になるケースもあるんですね。場合によっては4ヶ月以上かかる事も!

幼い子供の治りが遅い原因って!?

3歳以下などまだ幼い年齢だと、骨折を理由にいつも以上に親に甘えて、リハビリに集中出来ない事も多いので歩けるようになるまで時間がかかる事も・・

元から甘えん坊の子は、移動する度に抱っこをせがんでくる事もあったりして大変だとか・・^^;

そして骨折の程度によっては長い期間固定する必要があり、ギブスを外した後のリハビリは相当の苦痛が伴うので、そうならないように医師のアドバイス通りにするようにする事が必要になると言えます。

引用元-UP YOUR LIFE

子供が大腿骨骨折してしまったら傷害保険内容の確認を

保険金を請求する

怪我の原因(起点となったもの)が明確で(何月何日、何をしていた時の怪我か)、病院を受診し診断名がきちんとついたものについては、たとえ1日だけの通院であっても保険金の請求が可能である場合も多いのです。

また、固定箇所や固定の範囲によっても違い、日常生活に明らかに支障があると思われるもの(今回のようにふくらはぎから足首にかけての固定)の場合、固定期間中の日数は通院日数として換算されることも…。

つまり、(例えば2週間ギプスの固定をした場合)通院一日あたりの金額×14日分と、それ以降のリハビリ治療で通院した日数分の保険請求が可能になります。

加えて、請求金額が10万円以下になる程度の通院の場合は、診察券のコピーと、傷病名や通院治療を受けた日数などを自分で記入した申告書の提出があれば、医師の診断書の提出が不要となるケースも多いもの。

加入している傷害保険があれば確認してみましょう。まだ加入していない方は、お子さんが万が一怪我をする可能性も考えて(スポーツをする頻度にもよります)、一度調べてみるといいかもしれません。

親としては、我が子が怪我などしないで大きくなって欲しいと願うものですが、子供というのは私たちが思うより簡単に怪我をしてくる生き物ですから…(泣)。

引用元-MARCH

twitterの反応

 - 子どもの病気・ケガ, 育児

ページ
上部へ