管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

統合失調症は遺伝する?孫に気になる症状が出た時の対処法

      2016/04/08

統合失調症は遺伝する?孫に気になる症状が出た時の対処法

統合失調症をご存知ですか?

この病気は精神的な問題からくる疾患で、原因の1つに親からの遺伝も挙げられます。

自分の子供に症状がなくても、孫に気になる症状がある…なんてこともあるようです。

そのような遺伝の可能性がある家族であれば理解も得られやすいので、家族一丸となって治療に取り組むこともをお勧めします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


孫にまで…?統合失調症の遺伝の発症率

親から子へ授けたくないもの――病の遺伝性

病の遺伝性というものをご存知でしょうか。
例えば、祖父母か両親がある病に発症したとして、孫や子供達が全く同じ病を発症してしまうことが病の遺伝性です。
これは遺伝子が身体の情報から病の情報も引き継いでしまっていることが原因だと思われます。

気になる数値――遺伝の発症率は

病の遺伝性について統合失調症の場合はどうなのか、「発症の要因」にてこの病の遺伝性について触れたと思いますが、ここではさらに詳しく解説していきたいと思います。

まずこの病の遺伝率について説明していきます。
遺伝率とは、親・兄弟等の親族や祖父母・甥等の第二親族が病を発症した場合に、自分も同じ病を発症する確率のことです。

この病では、親兄弟に統合失調症を発症した者がいた場合の子供や他の兄弟が発症する確率は約10%、祖父母や叔父・叔母等の第二親族の場合は役4%、自分と同じ細胞を持つ一卵性で生まれた双子の場合は約40%、両親共に病を発症している場合の子供は約40%で発症するというデータが確認されています。

一般的な病の数値から見ると、1%を超えているこの数値は遺伝率としては高い方なので心配する人も多いそうです。

引用元-【遺伝との関係】統合失調症は遺伝する病気? – 統合失調症キュア

孫へ遺伝したかも…子供の統合失調症の症状は?

症状

たいていの場合、統合失調症の小児は引きこもるようになり、活動に興味を失います。思考や知覚がゆがめられます。
このような症状は、病気が悪化する前にしばらく続くことがあります。統合失調症の小児には成人の場合と同様に、幻覚、妄想、偏執症的観念が生じやすくなります。
また、多くの場合、他人が自分を傷つけようとしている、または他人が自分の考えを操作しようとしているという恐怖を抱きます。
感情が鈍ることがあります。すなわち、感情に訴えかける状況であっても、声や顔の表情が変化しません。普通なら笑ったり悲しんだりするような出来事にも、反応しなくなることがあります。

青年期の若者では、違法薬物の使用が原因で、統合失調症の症状に似た症状が現れることがあります。

診断

統合失調症には、診断に役立つ特別な検査がありません。
医師は症状を経時的に(長期間経過観察して)綿密に評価したり、心理検査を行ったりして、診断を行います。
また、検査を行って、類似の症状を引き起こす病気(薬物乱用や脳腫瘍など)がほかにあるかどうかも調べます。

引用元-小児の統合失調症: 小児における精神の病気: メルクマニュアル 家庭版

孫に遺伝?統合失調症の受診のタイミング

発病から治療開始までの期間が早いほど軽症で済み、早期の改善が期待できます。
逆に言うと治療開始が遅くなってしまうほど重症化、並びに慢性化してしまう可能性が高くなってしまいます。

思い当たる症状がある場合は迷うことなく早めにお近くの精神科を受診してください。
しかし、この病気の患者さんは自分が病気であるという認識(病識)を持ちにくい、という特徴があります。
そのため自ら精神科へ受診しようと行動される方は多くありません。
また「精神科に行こう」と身近な人に促されても、行きたがらない方が大半です。それでも根気よく説得してください。

患者さんは強い不安の中にいます。
親身に理解しようとしてくれる人が身近にいるというだけでも病気の改善につながりますし、説得に耳を傾けるようになってくれます。
どうしても興奮が強くでてしまう患者さんもいます。そのような時は第一に安全を考えてください。
協力してくれる人を一人でも多く集める、刃物など危険なものを近くに置かない、といった工夫が必要になることもあります。
そして身に危険を感じるようなことがあった場合には警察に協力を要請することをためらわないでください。

引用元-統合失調症ってどんな病気?治療法や、受診のタイミングとは | いしゃまち

孫への統合失調症の遺伝が気になるなら家族で予防しよう!

自分の工夫次第で避ける事の出来るものもあるわけです。
例えば原因の1つと言われている「ストレス」「環境」などは自分の工夫次第で改善する事が可能です。

統合失調症の家族歴を持つ方は、なるべく発症しないように、

・ストレスと上手に付き合えるように工夫していく
・ストレスが過剰にならない環境を意識する

といった工夫をしていくことで、統合失調症の発症の確率を低くすることができるでしょう。

統合失調症は、「早期に治療を開始すること」「治療を継続して再発させないこと」がとても大切で、これが出来れば健常者とほぼ変わりのない生活を送ることが可能です。
反対に発見が遅れてしまったり、何度も再発を繰り返していくと、症状も悪化しやすいですし、治りも悪くなりにくいと考えられます。
そのため、あらかじめ「自分は統合失調症になるリスクが普通の人よりは高いらしい」という事を知っておくことは意味のあることです。

自分だけでなく他の家族についても同様で、家族でお互いに早めに発見できる体制を作っておくことも有用です。
そうすれば万が一発症してしまったとしてもすぐに治療を導入することができ、普通とほとんど変わらない生活を送り続けることができます。

引用元-統合失調症は遺伝するのか【医師が教える統合失調症のすべて】

孫への統合失調症の遺伝リスクを気にしすぎないことも大切!

遺伝が原因?〜遺伝はあくまでも原因の1つにすぎません〜

統合失調症では遺伝的な要素があると考えられていますが、あくまでも原因のうちの1つに過ぎません。
たとえば全く同じ遺伝子をもった一卵性双生児が2人とも発症するわけではなく、その割合は50%程度です。
また、統合失調症の患者さんの家族を調べても、両親の約9割は統合失調症ではなく、兄弟を含めてもその割合は約8割とされており、さらに甥や姪まで調べても約6割とされていますから、遺伝は発症の原因の1つでしかないことがわかります。
病気が遺伝するのではなく、病気のなりやすさが遺伝すると捉えることが大切です。

脳の変化とは?〜妊娠期・出生時の障害の影響も原因の1つにすぎません〜

いくつかの統合失調症の患者さんの脳について調べた研究では、脳の萎縮がみられること、前頭葉や側頭葉という部位が小さいこと、海馬や扁桃体という部位がとくに左側で小さいこと、前頭葉の機能が低下していることなどが報告されていますが、これらが発症にどのように関与しているのかについてはまだわかっていません。

また、お腹の中にいるとき(胎児期)のウイルス感染や栄養不良、出生時の無酸素状態などで脳の機能的な障害が生じ、成長期の神経系の発達や成熟に影響を与えてしまった場合に、発症の原因になるのではないかと考えられています。したがって、これら妊娠期や周産期の障害があったからといって発症するわけではなく、危険因子の1つにすぎません。

引用元-どうして起こるの?〜さまざまな原因が関係します〜 | 理解する | 統合失調症ナビ

twitterの反応

 - 病気・症状

ページ
上部へ