管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

妊娠中は5ヶ月からが勝負!体重管理の重要性とポイント

      2016/04/26

妊娠中は5ヶ月からが勝負!体重管理の重要性とポイント

妊娠中は体重管理がとても重要になります。

特に妊娠5ヶ月頃は、つわりも落ち着き食欲が増してくるので体重管理を始める時期だとも言われてます。

そこで妊娠5ヶ月からの体重管理についてまとめてみました。母子の健康の為にもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


妊娠中の体重管理は5ヶ月から始めよう!

体重管理のスタートは妊娠5ヶ月目から

お母さんの妊娠前の体型に違いがあっても、胎盤が完成するまでは胎児の成長具合は全て同じと言うのをご存知ですか?

成長に差が出てくるのは妊娠4ヶ月の終わりから5ヶ月ごろで、胎盤が完成してお母さんが摂取した栄養分が胎児に送られ始める時期です。妊娠状態を維持するプロゲステロンが多量に分泌されているのに加え、つわりの時期も終わるため急に食欲が増して、この時期から体重がぐっと増えてしまう方も少なくありません。

妊娠5ヶ月から出産までに胎児の体重は3倍以上、羊水や血液量は1.5倍に増えるので、今体重を増やしてしまうといくらこれから体重管理を頑張ったとしても良い結果が出ないので、なるべく始めのこの時期から体重管理を始めるべきです。

妊婦の仕事は体重管理!

体重が急激に増加しないよう、きちんと体重管理を行うことは妊婦にとって大切な仕事のひとつです。
食欲が増える時期だし、子供のためにとついつい多めに食事を食べている方は要注意。
そのまま食べ続けていると、脂肪だらけの身体になってしまいます。

引用元-体重の急激な増加に警告!妊婦が知るべき体重管理方法 | ニンアカ

妊娠5ヶ月!妊娠中の体重に関するよくある質問

赤ちゃんの分まで食べた方がいいんでしょ?

ママの食べたもの(栄養)が、そのまま赤ちゃんにいくわけではありません。一度ママのからだに蓄えられ、そこから必要なものが選択され、胎盤を通って赤ちゃんにいくのです。
妊娠中、鉄分やたんぱく質、ビタミンなどの栄養素はいつもよりずっと必要だけれど、1日の摂取カロリーは妊娠後期でも350kcalをプラスするだけ。これって、ごはん1膳(218kcal)とバナナ1本(86kcal)とキウイ1個(45kcal)を加えるくらいのものなんです。
「おなかの赤ちゃんの分まで、食べなさいね」というのは、昔の話。今のにんぷ界の常識は、食べ過ぎ、太り過ぎは禁物!
体重管理は、にんぷのいちばん大切な仕事、とココロエましょう!

妊娠すると太るのは、自然なことでしょ?

たしかに妊娠中のからだはホルモンの働きもあって、太りやすいんです。皮下脂肪をつけて、おなかの赤ちゃんを守ろうとしたり、出産や産後のおっぱいに備えて、エネルギーを蓄えようとするんですね。出産の出血に備えて循環する血液の量も増えています。
でも太り過ぎはNG! その主な原因は水分の蓄積ですが、さまざまな合併症の引き金になるからダメなんです。

引用元-にんぷの体重管理|プレママタウン

妊娠中5ヶ月頃の体重増加の目安

妊娠中期の体重変化は

妊娠中期になると、おなかや胸が膨らみ始め、身体に脂肪を蓄えて、妊婦らしい体型になってきます。
また、つわりが治まってくることで、食欲が増加する時期でもあります。この時期から本格的に体重管理が必要になります。
1週間あたりの体重増加の目安は、妊婦のもともとのBMI数値によって変わります。

BMIとは、妊娠前の体重(kg)を身長(m)の二乗で割ったもの。
このBMIが18.5未満のやせ型の妊婦さんは、1週間あたりの推奨体重増加量が、0.3kg〜0.5kgで、全妊娠期間を通じて、9〜12kg増、BMIが18.5以上25未満のふつう体型の妊婦さんの場合は、1週間あたりの推奨体重増加量は、同じく0.3kg〜0.5kgですが、全妊娠期間を通じての増加量は、7〜12kgが目標です。

BMIが25以上の妊婦さんの場合は、原則として個別対応となり、妊娠中に増える体重は5kg以内が目標となります。
目安となる範囲に収まるよう、カロリーに気をつけるようにしましょう。

引用元-妊娠中期体重 赤すぐ | 妊娠中期の体重についての説明や妊婦さんの体験談

5ヶ月からの体重管理!妊娠中の肥満の危険性

妊娠と肥満

妊娠中の肥満は、様々な病気のリスクを高めることが知られています。
ここで言う肥満とは、BMIの数値が25以上の人です。25以上になる人は細心の注意を払っていきましょう。

BMIの数値が分からなくても、妊婦健診のときに分かります。
このときに医師か助産師さんから説明があるので、指示に従って生活を送るようにしましょう。

妊娠中の肥満で気をつけたいのが、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、神経管閉鎖障害といった病気や先天性の障害です。
食生活を改善することでリスクを減らすこともできるので食事を見直すようにします。

妊娠中の肥満を解消するには、ダイエットではなく食事や運動といった生活習慣の改善で適正体重を目指すことになります。
妊娠前から7〜12kgが適正と言われるのでこの範囲になるように改善しましょう。

引用元-妊娠中期の注意点

妊娠高血圧症候群になりやすくなる

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降から分娩後12週までに、妊婦に高血圧、または高血圧にともなうタンパク尿が見られるもので、悪化すると赤ちゃんの発育不全などにつながります。

妊娠糖尿病のリスクが高まる

妊娠中に血糖値が高くなる状態を妊娠糖尿病と言います。妊娠糖尿病は、妊娠高血圧症候群を引き起こすだけでなく、巨大児や流産、胎児死亡など赤ちゃんにも重大な影響を与えます。

そのほか、体重の増加により腰痛が起こりやすくなる、子宮の収縮する力が弱まり出産が長引きやくなる、といったトラブルの原因にもなります。

引用元-妊娠中の肥満のリスクとは? | ヘルスケア大学

5ヶ月から始める体重管理!妊娠中の生活のポイント

【1】3食きちんと摂る

・豆腐や野菜を多く取り入れた鍋物など、カロリー控えめのメニューにする
・ご飯はできれば一膳にする。それ以上食べたい時は、お米に混ぜて炊く、こんにゃくでできた粒状の低カロリー食品をお勧めします。
・ゴボウやレンコンは食物繊維が多く、満腹感があります。

【2】軽い運動をする

妊娠が安定していれば、主治医に相談の上、時期にあったマタニティヨガ、スイミング、散歩などをしてみましょう。気分転換にもなりますよ。

【3】おやつを低カロリーのものにする

甘さ控えめのヨーグルト、さつまいも、かんきつ類などがお勧めです。
便秘になりがちな妊婦さんは、リンゴやバナナ、フルーツ寒天もいいですね。

引用元-食欲が止まらない!妊娠5ヶ月からは体重管理に要注意。【Doctors Me】

生活の乱れ・・・
妊娠中はストレスがたまりたすい。
私もわけもなくイライラしたり、泣きたくなったり、家を飛び出してみたりとかなり情緒不安定になってたこともあります。
それに加えて体重の増加が収まらずもっとイライラしてしまっていたのですが、実はこれも便秘や体重増加の原因だそうです。

アメリカの女性を対象にした研究ではストレスで基礎代謝が落ちることがわかりました。
その他にもストレスは甘いものや高カロリーのものを食べたくなったりと良いことなしのストレス。自律神経を乱して、腸の働きもにぶらせてしまいます。

不規則な生活で、夜更かしすることも腸の働きを悪くさせますので、早めの就寝と十分な睡眠をとることで、改善していきましょう。

引用元-妊娠中の便秘に注意!止まらない体重増加の理由 – たまゆら暮らし手帖

twitterの反応

 - 妊娠・出産

ページ
上部へ