管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

妊婦検診でおこる内診出血とは…妊娠中に起こる出血について

      2016/04/27

妊婦検診でおこる内診出血とは…妊娠中に起こる出血について

妊娠中は様々な理由から出血してしまうことがあります。そしてその出血の原因の一つに妊婦検診の内診があります。

内診の際に生じる出血は、多くの妊婦さんが経験しており、問題ない出血とされています。

今回はそんな内診出血について調べてみました。

その出血はもしかしたらおしるしという可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


妊婦検診でおこる内診出血って何?

内診出血とは

おしるしと同じように出血が見られる内診出血とは、妊婦検診時の内診で膣(ちつ)に刺激を受けて少量の出血が見られることです。
実際は内診だけではなく、夫婦生活後に見られることもあります。

もともと、妊娠中の膣はデリケートで少しの刺激でも出血することがあります。
ですから、どんなに気を付けて内診を行っても刺激を受けてしまうことはあります。

また、内診後の出血すべてが、内診中に刺激を受けた出血だけではありません。内診前から何らかの理由で膣内にあった不用なものが内診の刺激によって、おりものと一緒に排泄されることもあるのです。

引用元-おしるしと内診出血の違い

内診出血の特徴

内診出血は、妊婦健診の際に経腟エコーや内診を行った際に、膣壁に傷がついて少量の出血がでたものです。
内診の上手い下手で出血するのではなく、どのようなベテランの産科医でも内診出血はおこることがあります。

内診出血の特徴
・薄ピンクの出血
・量が少ない
・内診後のタイミングである

以上のような出血は内診出血である可能性が高いです。

引用元-臨月のおしるし?内診出血?見分け方を解説|cuta [キュータ]

後期の妊婦検診では内診グリグリで出産することも…

お産が近くなると子宮口の開き具合をみたり、そのほか感染症など問題が無いかチェックしたりします。
このときにお腹の中をグリグリされるような?かき混ぜられるような刺激を感じる人もいます。

内診グリグリというのはお産が近い妊婦さんにやることが多く、内診の際に卵膜剥離というものをやることで、陣痛を促進する働きがあります。
実際にこの内診の後に陣痛が来たという人も多いため、妊娠後期の内診の後は注意してみてくださいね。

引用元-妊娠中の内診後の出血!内診グリグリって? | ママ104

内診グリグリでは卵膜というものを剥がすわけですが、医学的な知識が無い人や初産の人にとっては卵膜ってなに?という感じですよね。
この卵膜は胎児を包んでいる薄い袋状の膜なんだとか。

卵膜は胎児側から羊膜、絨毛膜、脱落膜と3層になっています。
よく牛などのお産の動画などで見かける、袋状のものが垂れ下がっているものを見たことがありませんか?ぷくーと膨らんだ風船みたいなものに赤ちゃんが入っていて、羊水もそのなかに満たされています。
その膜が剥がれないと破水しないわけですね。

卵膜剥離というのはこの膜を剥がす措置みたいです。
このときに痛みを感じる人や、子宮内膜から出血する人もいたりします。これをすると早期に破水しやすくなったり、陣痛を起こしやすくなるため、なかなか出産が始まらない人などは処置されたりもします。

引用元-妊娠中の内診後の出血!内診グリグリって? | ママ104

妊婦検診の内診による出血の対処法

内診出血の対処はどうしたらいいの?

出血が長く続くことはないので、生理のときと同じように生理用ナプキンで対処しましょう。
ただし、なかなか出血が止まらない場合は膣壁が傷ついた可能性もあります。その場合はお風呂は湯船にはいら ないでシャワーにし、病院に相談しましょう。

引用元-ママテラス | 臨月の身体の変化と不眠

内診では出血が生じやすい

妊娠38週における内診は、重要だとわかっていてもやはり痛みが伴うので、気が引ける人も多いでしょう。
さらに、デリケートな膣に触れることになるので、出血してしまうこともよくあります。
しかし、内診の痛みはもちろんですが内診後の出血も、特に問題はありません。
こればかりは医師の腕が悪いというわけでもないのです。

ナプキンやシートの準備をしておこう

妊娠38週前後の内診に伴う出血は、誰にでも起こる可能性があります。
それを想定して、検診に行く前にナプキンやおりものシートを準備しておくのがおすすめです。
出血はよくあることであり、大切なチェックをするために内診をするのは仕方のないことです。
不安もあるかもしれませんが、あまり構えずに挑みましょう。

引用元-妊娠38週に行われる内診の内容と出血の対処法 | メディシル

妊婦検診の内診による出血とおしるしの見極め

タイミングに注目!内診後の出血

内診出血とは、その名の通り、妊婦健診で内診を行ったあとに見られる出血です。
もともと妊娠中は膣がデリケートで、普段よりも傷つきやすくなっているので、内診時の刺激で膣壁が傷つき少量の出血を起こすことがあるのです。
これは、お医者さんの内診が下手だったということではありません。どんなに気をつけても、内診後の出血は珍しいものではないのです。

膣が傷ついたという場合のほかにも、それまで膣内にあった老廃物や不要物が内診の刺激によって、おりものと一緒に外に出てくる場合もあります。いずれの場合も、おしるしとは違って陣痛の前触れではありませんので、「内診後」というタイミングに注目してくださいね。

引用元-臨月のおしるしと内診出血の違い、見分け方まとめ。内診とは? – こそだてハック

おしるしと内診出血を見分けるのは難しく、タイミング的に「内診の後だから、内診出血なのかな」というレベルのものではあります。ただし、おしるしと内診出血、いずれの場合も体内に出てきた血が出きってしまえば元の状態に戻ります。

引用元-臨月のおしるしと内診出血の違い、見分け方まとめ。内診とは? – こそだてハック

本当に妊婦検診の内診出血?迷ったときは病院に!

心配なら電話して

特に初めての出産の場合は、予定日が近づくにつれて「大丈夫、落ち着いて」と自分に言い聞かせていてもやはり不安に襲われるもの。

無事に赤ちゃんを産erみたい!という気持ちがあるので当然ですよね。出血はそんな妊婦さんの心を大きく揺り動かしてもっと不安にさせてしまいます。

もし自分の出血が問題ないかどうか判断がつかない場合は、まず病院に電話してみましょう。それくらいなら様子を見て大丈夫と言ってもらえれば安心ですし、一度病院に来てと言われる可能性もあります。

「それくらいで電話してこないで」と思われるかも…と思ってしまうかもしれませんが、そんなの気にしない!出産を控えて不安なんですから堂々と電話したらいいんです。無事に赤ちゃんを産む方が大切ですよね。

引用元-おしるしは陣痛が近い証拠!?慌てず出産を迎えるための対応法 | MARCH(マーチ)

妊娠中は、何の異常もない不正出血も含めて、妊娠前よりも何かしら出血をする可能性が高い期間です。不正出血の症状と原因を知っておくことで、いざというときに落ち着いて対応できるよう準備しておきたいですね。場合によっては緊急を要することもありますので、「まだ大丈夫かな?」「このくらいで病院に行ったら迷惑かな?」とは思わないで、まずは病院に連絡しましょう。

引用元-妊娠中の不正出血まとめ【妊娠初期・中期・後期別・原因別】 – こそだてハック

twitterの反応

 - 妊娠・出産

ページ
上部へ