管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

精神科の通院を勝手にやめる危険性〜治療と治癒の関係とは…

      2016/04/28

精神科の通院を勝手にやめる危険性〜治療と治癒の関係とは…

年々精神科を訪れる患者の数は増えています。

しかしその一方、治療途中で通院を勝手にやめてしまう方も多いようです。

しかしその他の病気と違い、精神疾患の治療は難しく、長い期間を要するものです。

精神科の通院を勝手にやめてしまうことの伴う危険性や考慮しておきたい点についてまとまてみました。ぜひ参考にして適切な治療を考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


精神科と通院をやめるということについて…

実際に医師との順調な治療関係のもと「治りましたね、おめでとうございます。これでもう治療を受ける必要はないですよ」と円満に終了することは、意外なほど難しいです。
おそらく他の科に比べても精神科は、両者の合意のもとでの治療終了は特に少ないのではないかと思います。

その最大の理由として、精神科の病気は「治った」と言い切ることが非常に難しく、長期の治療関係を必要とすることが挙げられます。

病気が良くなったことを表現する言葉として、”治癒”と”寛解”という言葉がありますが、精神科では”治癒”の方はほとんど使いません。
“治癒”は病気そのものが根本的に良くなることを指します。
例えば蚊に刺されて腫れていたのが元に戻ったとしたら、それは”治癒”です。また別のところを刺されて腫れるかもしれませんが、それはまた別の話です。

一方で”寛解”は、慢性的な病気が改善し、症状がほぼなくなった状態のことを指します。
癌や白血病、膠原病、精神疾患などで使われますが、ここに含まれるのは、同じ病気が再び再燃、再発してしまうリスクを持っていることです。

悲しいことに精神疾患は一度寛解状態まで良くなったとしても、再発、再燃することがあります。
その後どのくらいの確率で再発するかを予測することも難しく、予防的な治療を続けて行く必要があります。

引用元-去る人 – 明日も精神科医

精神科の通院を勝手にやめるのは危険も伴うことに…

精神科・心療内科の通院をやめてはいけない理由

《軽いこころの不調》程度で、すでに症状も安定しているのであれば、通院はやめてもさほど問題はないと(個人的には)思います。

ただし《病気》の場合で、症状が安定していないのに
————
・薬をやめれば病気が治る
・気合が足りないからいつまでも治らない
↓ と治療をやめると…
(一時的にはよくなったように見えても)
さらに病状が悪化する、病気が再発する
————
という可能性が高くなります

通院をやめる前に、本当に病状が安定しているのかを考えてみましょう。

また、運よく自然に治った場合でも、ストレスなど何かのきっかけで再発しやすいことは覚えておく必要があります。

引用元-精神科・心療内科の通院・治療をやめたいときは… :: 社会福祉士が教える こころの病気とのつきあいかた|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

再発を繰り返すことが危険な場合も

双極性障害・統合失調症などでは激しい症状が何度も再燃すると
————
・症状がどんどん強くなる
・症状が出てくるサイクルが早くなる
・症状が出ていないときの能力も落ちていく
————
という場合もあります(すべての人ではないですが)

大きな病気の場合、民間療法や気合いではほぼ治りません

治療がつらいときは、何がイヤなのかお医者さんと率直に話し合ってみることをオススメします

引用元-精神科・心療内科の通院・治療をやめたいときは… :: 社会福祉士が教える こころの病気とのつきあいかた|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

精神科の通院をやめたくなる原因は治療の不透明さも原因に…

1つめは精神科の病気の診断の難しさです。
精神科の病気は「明らかに独立した1つの病気」というよりも,「たまたま同じ症状と経過を示しているが実は様々な病態の混在したもの」つまりいわゆる「症候群」と考えられるものが少なくありません。
要するに,症状から単純に診断をつけられない,ということです。
それでは何らかの検査によって診断を確定できるかというと,これもあまりうまく行きません。いくつかの検査を組み合わせることによって診断を確定できる病気もありますが,そういう病気は精神科の病気のごく一部です。
ですから,精神科の診断というのは「病名」ではなく「状態像」としてつけられていることが多いのです。

引用元-精神科ってどんなとこ? 〜精神科 Q&A〜

精神科の診断はこの2番目の段階,つまり「状態」の診断で止ってしまうことが多いのです。
それは病気の原因がはっきりせず,必然的にその原因をとらえられる検査も存在しないことによります。
実際に我々精神科医は,患者さんの訴える自覚「症状」や患者さんの表情や態度・言動などから分る他覚「症状」から大体の「状態像」を診断し,この診立てをもとに治療に入ることがほとんどです。
理学所見や検査値は補足的な情報でしかありません。
最初から自信を持って病名を診断できることは決して多くありません。
治療が始まって何年かが経過しても,この「状態像」診断から抜け出せないこともあります。

引用元-精神科ってどんなとこ? 〜精神科 Q&A〜

精神科の通院をやめる場合はまず医者に相談を…

例えば、抗うつ薬のような種類のお薬ですと、自己判断で急に服用を中止すると 「離脱症状」 が出るものが多くあります。
また、症状が一時的にかなり悪化してしまうことも少なくはありません。

今 現在、お薬を服用なさっているのだとしたら、それは、薬が効いていて調子が良いとも考えられます。

精神疾患は、疾患によっては非常に再発率が高いものもあります。
治ったつもりでも、根本的なことが改善されていない限りは表面的に治ったように見えているだけで、いつでも再発の危険性をはらんでいるような状態です。
あなたはそれでも、安心して社会生活が送れますか?

どうしても通院をやめたいと思われるようでしたら、医師にその旨を正直にお伝え下さい。
薬のこと、再発率のことを含め、判断してアドバイスをくれると思います。

喜んで精神科通院をする人は少ないでしょうから、そこのあたりは医師もわかってくれると思いますよ。 症状が回復傾向にあるのだとしたら、最後にお薬を処方されて、徐々に量を減らして終わりにするような手段もあります。
勝手に通院をやめるのは、お身体のためにも、後々のためにも、お勧めはしません。

引用元-現在、精神科に通院しているのですが、治療に先が見えなく、通院をやめ… – Yahoo!知恵袋

精神科の通院を勝手にやめる前にセカンドオピニオンも考えてみよう!

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンは、今の主治医の診断をベースにして、他の医師の意見(=第二の意見)を聞くことです。

治療を進める上で大切なのは、患者が主体的に考え、納得のいく選択をすること。

セカンドオピニオンは、自分の病状を理解し、さまざまな知識を得る助けとなります。

最近は、より適切な治療を患者が受けられるようにセカンドオピニオンをすすめる医師も増えているようです。

引用元-精神科セカンドオピニオンを上手に活用して病気と向き合おう | ナミうつブログ

セカンドオピニオン制度を利用するか迷ったときの判断材料として、メリットとデメリットを簡単にまとめます。

メリット

  • 病気の理解を深めるきっかけになる
  • 明らかな誤診を避けられる
  • 薬物の過剰摂取の防止になる
  • 主治医に聞けなかった疑問を聞きやすい

診断が難しい病気は、より多くの情報を得ることで回復のヒントが見つかるかもしれません。特に不安に感じている点は、詳しく確認しておきたいところです。

現在の診断・治療方針が間違っていないと確認できれば、安心して治療に取り組めるようになります。

デメリット

  • 病状やそれまでの経緯を一から話さなければいけない
  • 保険がきかない(全額自己負担)
  • セカンドオピニオンを好まない医師もいる
  • セカンドオピニオンが必ず正しいとは限らない

体調が悪いときにセカンドオピニオンはちょっと大変かもしれません。いくつかの手続きがありますし、主治医ときちんと話し合わなければいけません。自分の病気について勉強することも必要です。

引用元-精神科セカンドオピニオンを上手に活用して病気と向き合おう | ナミうつブログ

twitterの反応

 - 病気・症状

ページ
上部へ