管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

火傷は感染症に注意!症状に合った正しい対処法とは…

      2016/05/17

火傷は感染症に注意!症状に合った正しい対処法とは…

火傷は症状によって感染症の合併を引き起こす危険性があり、重症化すると命にまで関わる問題になることも…

そこで火傷と感染症の関係について詳しくまとめてみました。

ぜひ参考にしてもしもの時に正しい対処を心がけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


感染症を防ぐための火傷の症状を緩和させる対処法

まずは流水で冷やす!

やけどを起こした場合は、まず流水で15〜30分ほどしっかり冷却することが大切です。
このとき、患部に直接流水を当てるのではなく、少し上の部分に当てるようにします。
痛みが治まるまで冷やすのが目安です。
衣服を着た状態でやけどを起こした場合は、衣服の上から冷やすようにします。

無理に脱がせようとすると皮膚がはがれてしまうことがあるので、絶対に脱がしてはいけません。

部位別の応急処置方法

1:手や足のやけど

手足をやけどしてしまった場合は、蛇口から水道水を出し続けた状態で冷やします。

2:顔や頭のやけど

顔や頭のやけどは、シャワーなどで水をかけ続けることで冷やします。顔など流水がかけられない部分は、氷水で冷やしたタオルを当てます。

3:目や耳のやけど

目や耳のやけどは、保冷剤や氷を包んだ冷たいタオルをこまめに替えながら冷やします。
氷や氷のうを直接患部に当てると、皮膚が冷えすぎて凍傷を起こすことがあるので注意します。

4:全身または広範囲のやけど

やけどした部分を水をためた浴槽の中につけたり、水に浸したタオルなどで全身を包むようにして冷やします。
低体温症になるおそれがあるので、体温が下がり過ぎないように様子を見ながら行いましょう。

引用元-ココカラファイン|適切な処置を!やけどの基礎知識と対処法

感染症を防ぐために火傷の症状によって正しく対処しよう!

水ぶくれができたときは?

水ぶくれはつぶしたほうが良いのでしょうか?

これには賛否両論あるようですが、つぶれてしまった場合は仕方ないにしても、水ぶくれをつぶすと細菌感染しやすくなり症状が悪化するからそのままで!という意見が多くあります。

Ⅱ度の熱傷の場合、病院に行った方が良いレベルの火傷ですので、ご自分で判断せずに病院で処置してもらったほうが良いといえます。

つぶして傷パワーパッドを貼るという意見もありますが、火傷の深さによっては湿潤療法で治療できない場合もありますので、火傷の状態を見ながら慎重に対処してください。

引用元-火傷の水ぶくれの処置方法とは?症状に合わせて正しい治療を! | Hapila(ハピラ)

火傷の範囲が広い場合は?

成人の場合は火傷の範囲が体の20%以上、子供の場合は体の10%以上であれば命の危険があるため、すぐに救急車を呼びましょう。
免疫力が低い高齢者やお子さんは傷口から細菌が入り感染症のリスクが高くなります。

低温熱傷の場合は?

低温熱傷も温熱熱傷同様水ぶくれができますが、低温熱傷は皮膚組織の深い部分を損傷しているため温熱熱傷より重症です。

対処方法も通常と違い、冷やしても回復しないので患部をガーゼなどで覆って必ず病院に行きましょう。火傷の範囲が広い場合は、皮膚移植をしなければならなくなる可能性もあるのです。

湯たんぽや電気毛布などを使用する際は一晩中使わずに寝る直前に取り出したり電源を切るなどの対処をし、使い捨てカイロは必ず服の上に貼るなど、普段から低温熱傷にならないよう心がけてください。

引用元-火傷の水ぶくれの処置方法とは?症状に合わせて正しい治療を! | Hapila(ハピラ)

低温火傷は注意が必要!?感染症の症状

低温やけどから生じる他の症状

 
低温やけどになってから数日間は雑菌に感染する確率が高く、細菌に感染してしまう可能性があります。
その中には、レンサ球菌、緑膿菌、大腸菌、黄色ブ菌、エンテロバクター、変形菌などがあり、感染の原因菌から出る毒素が火傷などとあいまって、全身性炎症反応症候群になる場合があるので、注意が必要です。
 
この場合、体温が38度を超えることがあり、心拍数が1分間に90を超え、呼吸数が1分間に20以上、また白血球数が12000以上、または4000未満などにあてはまる場合には全身性炎症反応症候群の可能性がありますので、お医者さんの診断をすぐに受けましょう。
さらに意味不明の言動がみられたり、特に肺の機能不全、胃潰瘍からの出血を起こすといった、多臓器不全の兆候が現れると大変危険です。
 
低温やけどによる感染症を防ぐためにも、傷口・やけどの患部は清潔に保つ必要があります。
そのため滅菌ガーゼなどで患部をしっかり覆うことが重要なのです。

引用元-低温やけどから生ずる危険な症状[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

火傷治療が感染症の症状を悪化させてしまうことも…

ラップを使った湿潤療法は、やけどだけでなく切り傷など、そのほかの怪我をした時にも有効だと言われています。
しかし、ラップを使った湿潤療法では従来のようなことはしません。やけどや怪我でも消毒液などは必要なく、水道水で汚れを落とすだけで良いそうです。

ラップを使ったやけど治療のデメリットは2つ

やけどにラップを使って湿潤療法を行う医療機関は増えてきてはいます。
ですが、そもそもラップは食品を保存するために開発されたものであり、医療のために開発されたものではありません。
なので 適切に使えないと体に及ぼす害があります。
ラップ療法におけるデメリットは主に2つあります。以下でご紹介していきましょう。

①拒否反応・感染症を発症する危険性がある

やけどをラップで治療した際のデメリットの1つ目は、体が拒否反応を起こす可能性もということです。
そのほかにも、感染症例があることが判明したりなど、湿潤療法を否定する声もあります。

②最悪の場合は四肢の切断もある

やけどをラップで治療した際のデメリットの2つ目は、傷口から細菌が感染してしまい、全身に回り、高熱や意識障害を起こすこともあります。

また、最悪の場合、やけどした患部が腐り、足を切断することにもなるのです。
このようにラップを使用したやけどの治し方には危険が潜んいるので注意しましょう。

引用元-やけどに効果があるラップを使った湿潤療法のやり方 | メディシル

感染症を防ぐ為にも火傷の症状によっては早めの受診を!

やけどは対処方法を誤ると後遺症が残ることがあるので、医療機関を受診しましょう。やけどの深度によって治療法は異なります。

たとえば、深達性II度のやけどの場合、やけどの跡が残ったり、皮膚のひきつり(拘縮)が残る場合があります。水ぶくれや破けると細菌感染の可能性があるので専門医の判断を仰ぎましょう。

水ぶくれの処置方法については、その状況により専門医の間でも意見が分かれますが、水ぶくれを維持したまま湿潤療法を行うことが一般的です。
専門医の判断によっては、水ぶくれが大きく、膜が薄く破けてしまいそうな場合や場所によっては先に破くこともあります。
できてしまった水ぶくれをそのままにするのか破くのかは専門医の判断にゆだねたほうがいいでしょう。

引用元-やけどで水ぶくれができたときの対策・処置 | ヘルスケア大学

病院で診てもらうべきやけどの度合いは、「面積」「深さ」である程度は見極められます。そのほか、やけどの原因によっては専門的な判断が必要になるケースもあります。

◆面積に関係なく、やけどの深さが中程度(熱傷Ⅱ度)〜重度(熱傷Ⅲ度)の深いやけど
◆やけど自体は浅くても、やけどの面積が全身の15%(小児の場合は10%)に及ぶもの
◆顔など美観に影響が大きい部位のやけど
◆強アルカリ、強酸性の化学物質による化学やけど
◆感電などによるやけど

やけどは処置が早いほど予後も良くなります。判断に困る場合は、まずは病院で受診するようにしましょう。

引用元-やけどをして病院で治療を受ける際の3つのポイント | メディシル

twitterの反応

 - ケガ・外傷

ページ
上部へ