管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

日焼け止めの効果の違い~自分に合った日焼け止めの選び方

      2016/07/04

日焼け止めの効果の違い~自分に合った日焼け止めの選び方

紫外線が気になる季節、日焼け止めを毎日愛用している方も多いことでしょう。

皆さんは日焼け止めの成分表示の意味をご存知ですか?

実は効果や使い方などに違いが出るようです。

そこで今回は様々な日焼け止めの効果の違いについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


日焼け止めの「SPF値」による効果の違い

そもそも、私の場合『SPF』っていう言葉自体よく分かってなくて、「とりあえず、数値が高い方がより紫外線ガードしてくれるってことでしょ?」と思ってたんですけど、調べてみてびっくり!

どうやら私、トンデモ勘違いしてたみたいです。。。

 

というのも、SPFの数値って『どれだけ強力にガードしてくれるか』じゃなくて『どれだけの時間ガードしてくれるか』なんですね。

どういうことかというと、

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るか

なので、例えばSPF32なら、20分×32=640分。つまり、10時間40分後まで日焼け止めの効果がある

私が好んで使ってるSPF50なら、20分×50=1,000分だから、16時間40分まで日焼け止めの効果があるってことなんです

(とは言っても、実際にはかなり白くなるほど厚く塗らないと、そこまでの効果はないらしいんですけどね。。。笑)

引用元-日焼け止め、SPFは同じでも値段が高い(安い)の違いは何? | 子育て主婦の若返り日記

日焼け止めの「PA値」による効果の違い

PAとは・・・

PAは、紫外線A(UVA)をカットする効果があります。

UVAはお肌の真皮にまで届いてコラーゲンやヒアルロン酸などを生成する細胞を傷つけてしまう、アンチエイジングの大敵と言われている紫外線。

PAは数値化出来ないため、UVAに対しての効果は4段階の「+」で表記されます。

  • PA+ ・・・効果がある
  • PA++ ・・・かなり効果がある
  • PA+++ ・・・非常に効果がある
  • PA++++ ・・・極めて効果がある

紫外線Aは上空にあるオゾン層のみならず、雲や窓ガラスも簡単に通過してしまいます。

そのため、お肌には一年中影響があります。

2月から徐々に増え始め、5月にはピークを迎えると言われており、同じくらいの紫外線量が8月頃まで続きます。

買い物やお散歩など、日常使いには《PA++》、屋外レジャーや長時間のスポーツには《PA+++、PA++++》が適していると言われています。

引用元-日焼け止めのSPFとPAって何?一体どんな違いがあるの? | あいねっと

日焼け止めの「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」効果の違いは?

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類が存在していますが、吸収剤は肌への負担が大きく顔に使用すると肌荒れの危険が散乱剤よりも高まってしまうため、

  • 顔用には紫外線散乱剤
  • 身体用には紫外線吸収剤

といった具合で使用することをオススメします。

<紫外線吸収剤>
紫外線吸収剤は紫外線を肌の表面で吸収し、内部に侵入するのを防いでくれます。日焼けを防止する効果が非常に高い上、このようなメリットがあります。

  • 日焼け止めの伸びが良い
  • 白浮きしにくい
  • 肌への負担がかかりにくい

ただ、紫外線吸収剤は吸収した紫外線を赤外線や熱に変えて外に逃がすという働きを行うため、肌への負担がたくさんかかります。

主な成分として

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

があります。
<紫外線散乱剤>
紫外線散乱剤は、紫外線を反射や乱射させることによって肌の中に紫外線が進入するのを防ぐものです。散乱剤は吸収剤より白浮きしやすいですが、このようなメリットがあります。

  • 白浮きしやすいものが多い
  • 肌には低刺激で優しい
  • 敏感肌の人でも使いやすい
  • 主な成分としては

  • 二酸化チタン
  • 酸化亜鉛

があります。

紫外線散乱剤は肌に優しいという点で、敏感肌の方でも使用しやすいです。表示としては「紫外線散乱剤」ではなく、「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」となっている場合もあります。

引用元-成分から見る日焼け止めの正しい選び方。紫外線から身を守ろう! | 女性の美学

日焼け止めの値段の違いは効果の違い

日焼け止めは「価格=効果」なのでしょうか?

【高い日焼け止めの特徴】

     

  • 日焼け止め効果+αがある
  • 石鹸で落ちる、保湿成分入り、独自のUVブロック処方、美容効果など

  • 性能が違う
  • 伸びが良い、ムラになりにくい、べたつかない、匂いが気にならない、肌に優しい…など使われている原料の質などがしっかりしている

  • 持ちが良い
  • ある程度価格があるものは少なからず容器の耐久性、成分の保持力、中身の耐久性も考慮されてはいます

  • 日焼けのテスト
  • 大手メーカーの日焼け止めは、日焼け対応度のテストは行われています。その程度は他メーカー同士の比較ではありませんが参考にはなります

  • 広告宣伝費、開発費
  • 大手メーカーなどの宣伝費などによって価格が変わるとはよく言われています

  • アフターフォローの有無
  • 大手メーカー商品ならば万が一商品が肌に合わない、トラブルが生じた場合の対応はしてくれます。重篤なトラブルの場合、医療費などの請求もできるかもしれません。要相談でしょうが・・。

などなど高い日焼け止めに関して一言で言うと「使いやすい」に落ち着きます。

引用元-【日焼け止め】値段の違い!高いと安心で本当に日焼けしない? | 話題ネタ!会話をつなぐ話のネタ

気候の違いに合わせて効果的な日焼け止めを選ぼう!

汗の少ない春先の日焼け止め

“汗で落ちない”がウリのウォータープルーフはとても魅力的ですが、「落ちない」ということは密着性が高く、肌への負担も高いということでもあります。夏に比べると汗をかきにくいこの時期は、サラサラしたローション・ジェルタイプとパウダータイプの日焼け止めの併用がおすすめです。

紫外線が強い夏の日焼け止め

この時期は、密着性の高いクリーム・ミルクタイプの日焼け止めがおすすめです。特にスポーツなど汗をかく時には、SPFやPAが高めでウォータープルーフのものを。オプション機能として「皮脂吸収剤」が入っているものも、皮脂崩れを防げるためおすすめします。しかし、いくらSPF・PAが高くとも、時間と共に効果は薄れます。塗りなおしをせずSPF・PAが高い日焼け止めを使うよりも、SPF・PAはそこそこでも、しっかり2,3時間ごとに塗りなおしをする方が効果的です。塗るタイプの日焼け止めをこまめに塗りなおすのは難しい…という場合でも、パウダータイプであれば手軽に使えます。春先から引き続き、パウダータイプの日焼け止めとの併用をおすすめします。

引用元-日焼け止めの使い方使い分け完全ガイド – 美肌総合研究所

twitterの反応

 - スキンケア

ページ
上部へ