管理人が気になった今日の話題をまとめています。

今日の話題

小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

      2016/08/19

小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

「痒い」「辛い」「痛い」と言うような症状を思い浮かべるかと思いますが、実際のアトピー患者に話を聞くと、その症状や治療期間はかなり壮絶なもので

出来るなら発症したくないと思う病のひとつです。

もちろん、自分の子どもにもそんな辛い病にはかかってほしくはないですよね?

今回は小児アトピー性皮膚炎になってしまう原因や、治療方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s
【なぜうちの子が?】子供が友達にいじわるされていた時の対処法

ついこの間までよちよち歩きで後をついてきていた子供がいよいよ...

a459da14e1915382f522facb00860992_s
ママ必見!ステキな冬休みにしよう!子供へのイライラ防止法

夏休みに比べれば短いけれど年末年始を含む冬休みはとにかく忙し...

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s
猫の嘔吐!白い泡が出た時はどうしたらいいの?

愛猫の体調管理は飼い主の務め!
言葉で伝える事...

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s
突然、好きな人からメールが来なくなる…その理由


気になっていた人と連絡先を交換し、仲良くメールや...

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s
旦那も妻も実家に頻繁に帰ると…夫婦生活の危機!?


マザコンな旦那は頼りなさや姑問題を持ち込んでくる...

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s
【一人暮らし必見!】一人暮らしのお米の消費量はどれくらい?


一人暮らしをはじめると、今まで親がしてくれていた...

5c59f0f4d919ca949b62432814a93ed6_s
保育園に通う子供達の先生に不満爆発!その対処法とは

苦労して、ようやく見つけた保育園。なのに、先生にちょっと、不...

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s
子どもの成長につながる!子どもが出来るお寺で修行体験とは?


夏休みなど長期のお休みに子どもをお寺に預けて修行...

04133cf32c4ac13cc3cfb6839129b9d3_s
子猫を保護した後に病院に連れていくタイミングと費用


子猫ちゃんとの出逢いは突然に来るかもしれません。...

3a422978526c3e2e788f8c8904f84b45_s
子供のトイレトレーニング!踏み台はどんなものがいい?

子供のトイレトレーニング、早いところは1歳になる前から始めて...

aec8177bbc55bfc29ed327201060efe9_s
猫が病院をいやがる!連れて行くコツとは?


愛猫を病院へ連れて行く時、苦労した経験はありませ...

542eaf16530c06125df0f87aa0b31fbf_s
犬の骨折は放置して治る?自然治癒するって本当?


先日ネットで驚くべき記述を目にしました。

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪に転勤が決まったら・・・初めてでも住みやすいおすすめエリア特集


大阪に転勤が決まった!!
どこが住...

b04fcef94a0bf188bf6fdd5ce83338b4_s
大阪転勤が楽しみになる!大阪人の特徴を知って友達を作ろう


急に大阪転勤が決まった!!
<...

7d2f32253a414d2ae1f1d775dbb1dd7d_s
恋する人必見!【デート+お礼メール】は毎回セットでモテる!


簡単!モテる人は、やっている!大切な人とのデート...

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s
犬のMRI検査とは?費用ってどれくらい?

ペットも大事な家族の一員です。
最近ではペット...

8a9226ec35763cd566960b6c16b55523_s
小児アトピーには原因がある?対策と治療法とは

アトピーと聞くとどんな病気を思い浮かべますか?

6ff464d37f2bcd13d3956b6a7e9e5bb8_s
猫の下痢、餌との関係や選び方とは?


愛猫の体調管理、気にしていますよね。

91256504204de605d93a14e6b634dcff_s
猫が嘔吐を繰り返す…これって大丈夫? 

愛猫の体調管理は飼い主としてとっても大切な役目です。

75884b00788d135b8664921a33c28b99_s
子供の友達が来た時のお菓子はどうする?遊びに行く時は持参?


子供もある程度大きくなると、行動範囲や交友関係が...

スポンサーリンク


乳児湿疹?小児アトピー性皮膚炎の原因は

新生児期・乳児期の初めの皮疹は何か

生まれたときからアトピー性皮膚炎ですという方がいます。しかし、生直後からアトピー性皮膚炎ということはありません。

生まれてすぐに出てくる皮膚症状は新生児中毒性紅斑、新生児ざそう(にきび)などです。

それに引き続いて乳児脂漏性皮膚炎、水晶様汗疹(あせも)さらに遅れて食べ物、よだれなどによる接触皮膚炎などが起こってきます。

引用元-尼崎医療生協病院

乳児湿疹かアトピー性皮膚炎か

日本皮膚科学会の定義では「アトピー性皮膚炎は増悪・寛解を繰り返すそう痒のある湿疹を主病変とする疾患で患者の多くはアトピー素因を持つ」とされています。乳児ではそれが2ヶ月以上続くことが診断基準です。

皮膚症状は乳児湿疹といわれる状態になります。じくじくした浸出性の紅斑,糜爛、丘疹が混在する病変です。

この症状が2ヶ月以上続けばアトピー性皮膚炎と診断して良いといわれます。アトピー性皮膚炎と診断されると落ち込まれる人がいますが、乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も皮膚症状は同じです。

アトピー性皮膚炎といわれても悲観する事はありません。

引用元-尼崎医療生協病院

子供のアトピー性皮膚炎の原因は

子供のアトピー性皮膚炎の原因は母親の子育て不安と考えています。

新生児期、乳児期に最初にあげたような皮疹が出てアトピー性皮膚炎といわれて不安になっていることが多い。

そしてアトピー性皮膚炎といわれたら治らない、不治の病のように思ってしまうことが原因の可能性が大といえます。

そして不安は「食物アレルギーがアトピーの原因で、原因になるものは食べてはいけない」と、「ステロイド軟膏の使用」と続いていきます。

引用元-尼崎医療生協病院

治療の原則!小児アトピー性皮膚炎の原因と悪化因子とは?

子供の約20%を占めるといわれるアトピー性皮膚炎。現時点では、病気そのものを完全に治す方法はないといわれています。

アトピーの症状の根本には、皮膚のバリア機能の低下があると考えられていますが、最近の研究によって、その原因が少しずつ明らかになってきています。正しいスキンケアがバリアの低下を防ぎ、症状の悪化をコントロールすることにもつながります。

引用元-LINOMY

治療の原則

正しい診断、重症度の評価をした上で、原因、悪化因子の検索と対策、スキンケア(異常な皮膚機能の補正)、そして薬物療法が治療の基本となります。

1)原因、悪化因子としては2歳未満の場合には順に食物、発汗、環境因子、細菌真菌などがおもなもので、13歳以上の場合には環境因子、発汗、細菌真菌、接触抗原、ストレス、食物などが考えられます。

2歳から12歳までは乳幼児から成人のパターンへ移行していく過程です。

しかし個々の患者によって原因、悪化因子は異なるのでそれらを十分確認してから除去や対策を行います。

2)スキンケア(異常な皮膚機能の補正)
アトピー性皮膚炎における主な皮膚機能異常とは、水分保持能の低下、痒みの閾値の低下、易感染性をいいます。
スキンケアには、

1. 皮膚の清潔を保つには以下のことに気を付けてください。

(1) 汗や汚れは速やかにおとす。
(2) 強くすらない。
(3) 石鹸シャンプーを使用するときは洗浄力の強いものを避け、十分にすすぐ。
(4) 痒みを生じるほどの高い温度の湯を避ける。
(5) 入浴後にほてりを感じるような沐浴剤、入浴剤を避ける。
(6) 入浴後に適切な外用剤を塗布する。

引用元-リウマチ・アレルギー情報センター

小児アトピー性皮膚炎の原因とは?

なぜ子供のアトピー性皮膚炎と原因が重要なのか?

アトピー性皮膚炎は昔、子供の病気といわれていました。

今現在、成人のアトピー性皮膚炎も増えてきています。

そのことにより、本やインターネット上に溢れ出ている情報に多くの振り回され、大人・子供・赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因が一緒にされてしまう傾向があります。

発育途中の赤ちゃんと小学生や中学生の子供とではアトピー性皮膚炎の原因は違います。

このポイントを理解して、子供のアトピー性皮膚炎に対処していく必要があります。

引用元-新京橋治療院

子供のアトピー性皮膚炎と原因のポイント

アトピー性皮膚炎は子供の病気といわれた昔の頃は、アレルギー(免疫反応)の原因が主でした。

なので大人にもこの原因を無理に当てはめてしまいがちです。

赤ちゃんの場合は消化器系(内臓)の未熟・未発達により、食物を小さな分子に分解しきれず、大きな分子のまま腸壁から吸収してしまいます。

その際、免疫系が働きアレルギーとして反応するのです。(免疫反応)

この原因がすべてであれば、成長とともに胃腸が発達し、アトピー性皮膚炎は治ります。

しかし、残念ながら現在のアトピー性皮膚炎は単純ではありません。

当院に来院される患者様の95%は、子供の頃からアトピー皮膚炎に悩まされている人、もしくは子供の頃にアトピー性皮膚炎は治ったが大人になって再発した人です。

体が成長し、胃腸や内臓が安定した後もアトピーが治らなかったり、再発してしまう現象はアレルギー反応以外の原因を考えなければいけません。

それを踏まえたうえで子供のアトピー性皮膚炎に付き合う必要があります。

引用元-新京橋治療院

子供のアトピーを引き起こす原因

母と子の健康はつながっています。自分で食べ物やライフスタイルを選べる大人と違い、子供はお母さんの食事やライフスタイルに影響されて育ちます。

つまり、子供の体の健康をつくっているのはお母さんたちなのです。

  • 原因1:お産は最大のデトックス
  • 原因2:肌荒れは「肌を強く」するための訓練
  • 原因3:母乳に栄養が少ないと健康な皮膚をつくれない
  • 原因3:質のいい母乳で育てていますか?
  • 原因4:手をかけすぎてしまうと肌が弱くなる
  • 原因5:お父さんお母さんの仲はいいですか?

原因1:お産は最大のデトックス

お産は最大のデトックスだと言われています。赤ちゃんは、お母さんの良いものも悪いものも、すべてを受け取ってうまれてきます。

例えば、お母さんの食生活や、毎日使う日用品の化学薬品の影響から、体の中に悪いものを溜めこんでいると、赤ちゃんは「お母さんが心配だから私がもらっていくね。」と、すべて引き受けて生まれてきてくれるのです。

子育ては生まれる10年前から始まっていると言われています。あなたが赤ちゃんを産むときの健康状態はどうでしたか?

原因2:肌荒れは「肌を強く」するための訓練

赤ちゃんがお腹の中から出てきたとき、水(羊水)のない環境に対応できていないので、皮膚が荒れてしまうときがあります。

けれど、この乾燥や炎症を、クスリでおさえてしまうと、赤ちゃんはいつまでたっても肌を強くすることができずに、刺激に対して、とても弱い肌になってしまいます。

赤ちゃんの肌荒れは、「肌を強くしたい」という、働きのひとつです。

健康的な肌になるには、症状を乗り越えるという「訓練」も必要です。

引用元-Zigen

10人に1人がアトピー?油断できないアトピーの発症時期

10人に1人の子どもがアトピーを発症

平成14年度に行われた全国調査では、乳幼児から小学生の学童期では、約10人に1人がアトピーを発症していることがわかりました。

さらに、以前の調査結果と比べると、アトピー性皮膚炎の子どもの割合が増加していることがわかりました。

しかし、3歳児を対象に行ったアンケートでは、以前よりも減少しているという結果も…これは一体どういうことなのでしょう?

アトピーは都市部や農村部、住居環境などによっても発症率に変化があったり、遺伝による発症など、さまざまな原因が複雑にからんでいます。

昔とくらべ、現代人の生活環境も複雑になっているため、減少傾向の調査結果が出ても一喜一憂することはできません。

同じ生活環境を過ごしていても、発育時期などのタイミングで発症する子もいれば、発症しない子もいるのです。

油断できないアトピー発症の時期

子どもは成長していく過程で、著しく体が変化していきます。その中で、アトピーを発症する率が大きく変動するのが、生後4ヶ月〜3歳児と言われています。

これは成長過程に発達する免疫システムや肌の変化が関係しています。

食物アレルギーの有無がわかる生後4ヵ月頃や皮膚が乾燥しやすくなる3歳頃に、アトピーの発症率が上がることがあれば、1歳6ヵ月頃には発症率が下がるという調査結果が出ています。

また、赤ちゃんの誕生月によってもアトピーの発症率があるともいわれ、特に秋生まれの子どもに多い傾向があるようですが、秋生まれの子どもが必ずしもアトピーになるというわけではありません。

引用元-スキンケア大学

twitterの反応

 - 子どもの病気・ケガ

ページ
上部へ